PR

 Windows 7では、タスクバーの表示が少し変わり、ソフトやフォルダーのウインドウの項目名は、タスクバーに個別には表示されなくなりました。これまで「クイック起動バー」と呼ばれていた左端の領域に、同じ種類ごとにまとまります(図1)。

7はタスクバーに項目名が表示されない
図1 Windows 7では、複数のウインドウを開いても、タスクバーには表示されない。
図1 Windows 7では、複数のウインドウを開いても、タスクバーには表示されない。
[画像のクリックで拡大表示]

 タスクバーの左側のアイコンにポインターを合わせると、ウインドウの縮小画面が表示され、これをクリックすれば開けます(図2)。タスクバーがいつもスッキリしているのが特徴ですが、XPやVistaのように項目名が表示されないので、使い勝手が変わって不便に感じることもあるかもしれません。

図2 左側のアイコンにポインターを合わせると、開いているウインドウの中身が縮小表示される。この上にポインターを合わせてクリックすれば開ける。
図2 左側のアイコンにポインターを合わせると、開いているウインドウの中身が縮小表示される。この上にポインターを合わせてクリックすれば開ける。
[画像のクリックで拡大表示]

 実は7のタスクバーを、以前の使い勝手に近付けることができます。タスクバーの「プロパティ」を開いて(図3)、図4で「タスクバーがいっぱいの場合に結合」を選んでみてください。これで、タスクバーに空きがあるときは、項目名が表示されるようになります(図5)。

タスクバーに項目名を表示できる
図3 タスクバーの何もない場所で右クリックして、「プロパティ」をクリックする。
図3 タスクバーの何もない場所で右クリックして、「プロパティ」をクリックする。

図4 「タスクバーのボタン」欄の「タスクバーがいっぱい~」を選んで、画面下の「OK」をクリックする。
図4 「タスクバーのボタン」欄の「タスクバーがいっぱい~」を選んで、画面下の「OK」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

図5 XPやVistaのように、ウインドウの名前がタスクバーに表示され、ひと目でわかるようになる。
図5 XPやVistaのように、ウインドウの名前がタスクバーに表示され、ひと目でわかるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、普段からたくさんウインドウを開いて使う方は、タスクバーに並ぶアイコンを小さくしてみてください。より多くの項目を表示できます(図6)。

タスクバーにより多くの情報を表示できる
図6 図4で「小さいアイコンを使う」にチェックを付けて「OK」をクリックする。タスクバーのソフトなどのアイコンが小さくなり、タスクバーに表示できる数が増える。
図6 図4で「小さいアイコンを使う」にチェックを付けて「OK」をクリックする。タスクバーのソフトなどのアイコンが小さくなり、タスクバーに表示できる数が増える。
[画像のクリックで拡大表示]

(協力:マイクロソフトコンシューマサポート部 山口 森氏)