PR

※[Ctrl]…… 記事中で解説または紹介するキーの種類。左の例だと[Ctrl]キーを表す
※[Ctrl]+[S]…… 2種類のキーを一緒に押すことを表す
※[Scroll Lock]→[↓]…… 2種類のキーを順に押すことを表す

◆ Windows XP/Vista/7

(1)重なり合うウインドウを切り替えて表示させる

 Windowsで、複数のソフトやフォルダーを開いて作業すると、マウスでウインドウを切り替える場面が増えて煩わしい。[Alt]+[Tab]でダイアログが表示され、最前面に表示させるウインドウが選べる。[Alt]を押したまま[Tab]を押すと枠が右に動くので、枠を最前面に表示させるアイコンに合わせ、[Alt]を離す。ウインドウの数が少ないときは、[Alt]+[Esc]の方が簡単に切り替えられるのでお勧めだ。

[Alt]と[Tab]を押すと、ダイアログが表示され、最前面にするウインドウを選べる。ウインドウの数が少ないときは、[Alt]と[Esc]を押す方が簡単
[Alt]と[Tab]を押すと、ダイアログが表示され、最前面にするウインドウを選べる。ウインドウの数が少ないときは、[Alt]と[Esc]を押す方が簡単
[画像のクリックで拡大表示]

(2)Windowsを素早く閉じる

 Windows XPの場合、キー入力で電源を落とすには、[Windows]を押してから[U]を2回押せばよい。[U]の代わりに[L]を2回押すとログオフする。Windows Vistaなら[Windows][→][→][→][U]でシャットダウン、[Windows][→][→][→][L]でログオフ。Windows 7なら[Windows][→][Enter]でシャットダウン、[Windows][→][→][L]でログオフとなる。

 XPの場合は、「コントロールパネル」の「ユーザーアカウント」を開き、「ユーザーのログオン…」をクリックして「ようこそ画面を使用する」にチェックを入れないと、シャットダウンができない。Windows Vista/7ならこの設定は不要だ。

 業務中に席を外すときなどは、ユーザーアカウント画面でパスワードをかけてから、[Windows]と[L]でWindowsをロックしよう。

Windows XPの場合、スタートメニューを表示させ、[U]を2度押すとシャットダウン、[L]を2度押すとログオフする。上記の方法でシャットダウンするには、ようこそ画面を有効にしておく
Windows XPの場合、スタートメニューを表示させ、[U]を2度押すとシャットダウン、[L]を2度押すとログオフする。上記の方法でシャットダウンするには、ようこそ画面を有効にしておく
[画像のクリックで拡大表示]

[Windows]と[L]を押すと、Windowsのロック画面になる(左)。ユーザーアカウントの設定でパスワードをかけておけば、席を外すときも安心だ(右)
[Windows]と[L]を押すと、Windowsのロック画面になる(左)。ユーザーアカウントの設定でパスワードをかけておけば、席を外すときも安心だ(右)
[画像のクリックで拡大表示]