PR

※[Ctrl]…… 記事中で解説または紹介するキーの種類。左の例だと[Ctrl]キーを表す
※[Ctrl]+[S]…… 2種類のキーを一緒に押すことを表す
※[Scroll Lock]→[↓]…… 2種類のキーを順に押すことを表す

まずはキーの役割から覚えよう

 標準的な109Aキーボードには、さまざまなキーが並ぶ(図1)。どのキーにも役割がある。キーボードの機能をフルに生かすには、各キーの役割を理解することが欠かせない。

【各キーの役割を確認しよう】
図1 上の写真は、一般的な109Aキーボード。キーによって役割や使い方が異なる
図1 上の写真は、一般的な109Aキーボード。キーによって役割や使い方が異なる
[画像のクリックで拡大表示]

 キーボードの左下や右下には[Ctrl]や[Alt]、窓マークが入った[Windows]が配置されている。これらは主にほかのキーと組み合わせてショートカットキーとして使う。よく使う操作には、大抵ショートカットキーが割り当てられている(図2)。ショートカットキーには、キーを順番に押していくタイプもある(図3)。ウインドウが開いた状態で[Alt]を押すと、メニューが選択状態になる。メニューの項目名には、かっこで囲まれた下線付きの英字が記されている。[Alt]に続けてこの英字を入力するとその項目にジャンプする。ショートカットキーの詳細は後で解説するが、定番のショートカットキーを覚えるだけでも作業効率は格段に上がる(図4)。

【[Ctrl][Alt][Windows]の活用法】
図2 [Ctrl]や[Alt]、[Windows]は、ほかのキーを組み合わせて入力することがほとんど。写真のように[Ctrl]+[S]と押すとファイルが上書き保存される
図2 [Ctrl]や[Alt]、[Windows]は、ほかのキーを組み合わせて入力することがほとんど。写真のように[Ctrl]+[S]と押すとファイルが上書き保存される
[画像のクリックで拡大表示]

図3 ウインドウを開いた状態で[Alt]を押すと、メニューに移る。各項目の右側に記されたかっこ内のアルファベットを入力すると、メニュー内を素早くたどれる
図3 ウインドウを開いた状態で[Alt]を押すと、メニューに移る。各項目の右側に記されたかっこ内のアルファベットを入力すると、メニュー内を素早くたどれる
[画像のクリックで拡大表示]

図4 定番ショートカットキーの一覧。最低でもこれだけ覚えるとパソコン操作が楽になる
図4 定番ショートカットキーの一覧。最低でもこれだけ覚えるとパソコン操作が楽になる
[画像のクリックで拡大表示]