PR

 大容量の外付けHDDなら、パソコンの中身を“丸ごと”バックアップできてしまいます。Windowsが不安定になったときに、調子の良い状態に戻すことができて安心です。

 「丸ごとバックアップ」をするには、「トゥルーイメージ」のような市販ソフトが必要。一部の外付けHDDには、これに匹敵する機能を持ったソフトが付いているので、これから買うならこうしたHDDを選ぶのも手です(3ページのコラム参照)。

 ソフトでは、1度だけバックアップの設定をする必要があります。このとき、「増分バックアップ」を選ぶことをお勧めします(図1~図6)。これで、2回目以降は変化分だけをバックアップするようになり、容量を節約しつつ、短時間で済ませることができます。

 バックアップの間隔は1週間に1度程度で十分でしょう(図7~図9)。またいくら大容量とはいえ、データが大きくなりすぎたときは、以前の不要なデータは消すようにしましょう。

1、バックアップの準備をする
 

【ここで使ったソフト】
ラネクシー アクロニス・トゥルー イメージ11 ホーム
実売価格:9180 円
Windows XP、Vista
問い合わせ先:TEL 03-5337-6435