PR

 ツイッターでやり取りを行う際には、表記の決まりごとがあり、それぞれ伝わり方が異なるので、間違えると思わぬ誤解を生む。

 特定の相手に向けた「返信」では、発言の冒頭に「@ユーザー名」を入れる(図1)。この返信メッセージは、自分のフォロワーのうち、返信相手のこともフォローしている人のタイムラインにしか表示されない。ところが「@ユーザー名」を冒頭以外に入れると、「言及(メンション)」となり、自分のフォロワーすべてのタイムラインに表示される(図2、図3)。

図1 ツイッターでやり取りするにはいくつかの方法がある。代表的なのが「返信」「言及」「RT」で、それぞれ伝わる相手や表記の仕方が異なる
図1 ツイッターでやり取りするにはいくつかの方法がある。代表的なのが「返信」「言及」「RT」で、それぞれ伝わる相手や表記の仕方が異なる

図2 「返信」と「言及」の表記方法は、相手の「@アカウント名」をどこに入れるかが違っている。返信では必ず冒頭に入れるが、言及では冒頭以外に入れる
図2 「返信」と「言及」の表記方法は、相手の「@アカウント名」をどこに入れるかが違っている。返信では必ず冒頭に入れるが、言及では冒頭以外に入れる

図3
図3

 複数の「@ユーザー名」を入れると、冒頭の人については「返信」扱い、2人目以降については「言及」扱いとなる(図4)。また、返信も言及も、自分宛てに送られたものは、画面右側にある「@自分のユーザー名」をクリックすると確認できる(図5)。

図4 複数のユーザー名を並べると、冒頭の人は「返信」扱いに、2人目以降は「言及」扱いになる
図4 複数のユーザー名を並べると、冒頭の人は「返信」扱いに、2人目以降は「言及」扱いになる

図5 自分宛ての返信と言及を確認するには、画面右側の「@アカウント名」をクリック
図5 自分宛ての返信と言及を確認するには、画面右側の「@アカウント名」をクリック

 言及と表記が似ているものに「RT(リツイート)」がある(図1)。これは他の人の発言を引用するときに使う。

 RTには、ツイッター公式の機能を利用する「公式RT」と、ユーザーが独自に利用している「非公式RT」の2種類がある(図6)。公式RTは相手の発言をそのまま引用するもので、自分のコメントを付けることはできない。非公式RTは自分のコメントを付けることはできるが、文字があふれた場合は削らなければならない。

図6
図6

 公式RTはワンタッチでできる(図7)。非公式RTは元の発言を自分でコピー・アンド・ペーストする必要があり、手間がかかる(図8)。ただし、クライアントサイト「HootSuite(フートスイート)」を利用すると、非公式RTがワンタッチでできる(図9)。非公式RTのためにクライアントサイトを使う人もいる。

図7 引用したい発言にマウスポインターを重ね、「リツイート」をクリックし、「フォロワーにリツイートしますか?」と表示されたら「はい」を選ぶ。他のフォロワーには下図のように表示される
図7 引用したい発言にマウスポインターを重ね、「リツイート」をクリックし、「フォロワーにリツイートしますか?」と表示されたら「はい」を選ぶ。他のフォロワーには下図のように表示される

図8 引用したい発言をドラグして選択し(1)、コピー(2)。その後「返信」をクリックし(3)、コピーした発言を貼り付ける(4)。自分のコメントと「RT」を入力すれば完成(5、6)。「RT」と「ユーザー名」の前後は半角スペースを入れる
図8 引用したい発言をドラグして選択し(1)、コピー(2)。その後「返信」をクリックし(3)、コピーした発言を貼り付ける(4)。自分のコメントと「RT」を入力すれば完成(5、6)。「RT」と「ユーザー名」の前後は半角スペースを入れる

図9 非公式RT がワンタッチでできる「HootSuite(フートスイート)」というクライアントもある
図9 非公式RT がワンタッチでできる「HootSuite(フートスイート)」というクライアントもある

ビジネスパーソンが仕事でツイッターを利用するためのノウハウを、基本的な操作方法から、独特のマナーや用語、さらに使いこなすためのツール、企業の成功事例にいたるまで、部数No.1月刊パソコン誌が、丁寧に解説する。自分がやりたいことがすぐ探せるスタイルで、机に置いておきたくなる一冊。

アマゾンで購入