文書作りで悩ましいのは、いかにも「ワープロで作りました」という冴えない仕上がりになること。でも、あきらめるのはまだ早い。枯山水の庭園と同じく、様式=スタイルに手を尽くせば文書は必ず輝いてくれる。レイアウトのひと工夫で、説得力も格段に向上するはずだ。Word の機能を見直しながら、読み手を魅了するための具体策を探っていこう。