PR

 動画を撮影できる機器がどんどん身近になってきています。ここ数年の間に発売されたデジタルカメラや携帯電話には、たいてい動画撮影の機能が付いています。最新のデジカメならハイビジョン画質のものが大半で、HDMI端子でつないで大画面テレビに映せる製品も増えています。ビデオカメラを内蔵する携帯音楽プレーヤーもあります。

 さらに、小型で安価なビデオカメラが続々と登場し、注目されています。1~2万円程度で、最も高精細なフルハイビジョン画質の動画が撮れる製品まで発売されているのです。

 普段持ち歩いても苦にならないこうしたコンパクトサイズの機器なら、気軽に動画の撮影が楽しめます。入学式や運動会といった特別な行事だけではなく、家族や友人との思い出を記録したり、ペットの面白い仕草を撮って動画の共有サイトに投稿したりと、様々な楽しみ方があります。一気に身近になった動画を楽しむ方法を、あますところなくお伝えしましょう。

小型ビデオカメラ

 1~2 万円の手ごろな価格の製品が続々登場している。ハイビジョン映像が撮れる製品も。

日立リビングサプライ
アイメガ HSC-S2
http://www.hitachi-ls.co.jp/
実売価格:1万円
日本ビクター
ピクシオ GC-FM1
http://www.jvc-victor.co.jp/
実売価格:1万9800円

デジタルカメラ

 最近の機種なら、ほとんどで動画が撮れる。ハイビジョン対応の製品も多い。

ソニー
サイバーショット
DSC-WX1
http://www.sony.jp/
実売価格:2万7800円
キヤノン
イクシ デジタル
930 IS
http://cweb.canon.jp/product/
実売価格:2万7000円
携帯電話

 いつも持ち歩く携帯電話でも動画を撮影できる。最近はハイビジョン対応の機種まで登場している。

au(日立製作所製)
モバイル
ハイビジョンカム
Wooo(ウー)
http://www.au.kddi.com/
その他

 「アイポッド ナノ」の最新機種が動画撮影に対応した。音声レコーダーで動画を撮影できるものもある。

アップルジャパン
アイポッド ナノ
http://www.apple.com/jp/itunes/
実売価格:1万7800円(16GB)
ズーム
Q3
http://www.zoom.co.jp/japanese/
実売価格:2万4800円