PR

 iPhoneとXperiaは、外見が似ており、できることもほぼ同じだが、日本語入力など使い勝手が異なるところも多い。ここ実践編では、実際の操作方法を見ていこう。

”指でタッチ”の簡単操作、拡大・縮小も思いのまま

 最近のスマートフォンはどの機種も、慣れない人でも迷わず使えるように工夫されており、驚くほど使いやすい。

 iPhoneもXperiaも基本的な操作手順は似ている。ホーム画面には機能(ソフト)のアイコンが並んでおり、指でアイコンを押すだけで、使いたい機能をすぐに呼び出せる(図1)。画面を指でドラッグすれば、メニューを切り替えたり、画面をスクロールしたりできる。両機種とも画面の表示が高速なので、操作でイライラすることはない。

図1 iPhoneもXperiaも、操作は簡単。画面のアイコンをタッチして使いたいソフトを起動すればよい。Xperiaでは、メールの着信などを画面上の「ウィジェット」で通知してくれる[注1]
図1 iPhoneもXperiaも、操作は簡単。画面のアイコンをタッチして使いたいソフトを起動すればよい。Xperiaでは、メールの着信などを画面上の「ウィジェット」で通知してくれる[注1]
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneは、画面にタッチした2本の指の間隔を広げたり狭めたりする直感的な操作で、画面を拡大・縮小できる(図2)。この2本の指を使った操作は「マルチタッチ」と言う。Xperiaは対応しておらず、画面内のボタンを押して拡大・縮小する必要がある。同じアンドロイド携帯でも、「HTC Desire」(ソフトバンク)や「IS01」(au)はマルチタッチに対応している。

【画面の表示や切り替えも高速、拡大・縮小も簡単】
図2 iPhoneは2本の指で画面を拡大・縮小できるが、Xperiaは画面内のボタンを使う。また、Xperiaの画面の下には、「ホーム」「戻る」「メニュー」の3つのボタンがある
図2 iPhoneは2本の指で画面を拡大・縮小できるが、Xperiaは画面内のボタンを使う。また、Xperiaの画面の下には、「ホーム」「戻る」「メニュー」の3つのボタンがある
[画像のクリックで拡大表示]

 また、iPhoneとXperiaでは、本体に付いているボタンの数が異なる。iPhoneは、最初の画面に戻る「ホーム」ボタンしかないという極めてシンプル設計で、ほかの操作は画面をタップして実行する。一方のXperiaは、本体の下に、(1)前の画面に「戻る」ボタン、(2)「メニュー」ボタン、(3)最初の画面に戻る「ホーム」ボタンの3つがある。

 iPhoneの方がシンプルで分かりやすいが、3つのボタンをうまく使いこなせるようになればXperiaの方が操作の手順を短縮できる。アンドロイド携帯はいずれも、Xperiaと同じように上記3つのボタンを備えている。

 

[注1]Xperiaのウィジェットで通知を表示するには「Eメール」アイコンからメールを設定する