PR

 前章までに書いたように、安易なパスワードは簡単に破られる。パスワードを設定していない場合や、ユーザーIDやメールアドレスと同じ文字列をパスワードにしている場合は論外。「破ってください」と言っているようなものだ。今すぐ変更してほしい。

 辞書にある単語や簡単な文字列を使っている場合も、ツールを使えば、短時間で破ることができる。そうしたパスワードを設定している場合には、いつ破られても不思議はない。できるだけ早急に、強いパスワードに変更する必要がある。

 強いパスワードの作成方法としてお勧めなのが、自分が覚えていられる文章や文字列をベースに、自分なりのルールで作成すること(図1)。これなら、最終的にできあがった文字列は一見ランダムでも、覚えていられる可能性が高い。

【「忘れない文章」を「強いパスワード」に変換】
図1 自分が覚えていられる文章/文字列から、自分なりのルールでパスワードを生成すれば忘れにくい。記号を加えるなどして、できるだけ複雑にすることがポイントだ
図1 自分が覚えていられる文章/文字列から、自分なりのルールでパスワードを生成すれば忘れにくい。記号を加えるなどして、できるだけ複雑にすることがポイントだ
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは、自分が覚えていられる文章や文字列を考える。自分が好きな歌や古典の一節でもよいし、小説や映画などの登場人物名を並べたものでもよい。

 文章や文字列を考えたら、そこからアルファベットなどの文字を抽出して、一見無意味な文字列に変換した後、記号や数字の挿入あるいは置き換えで強化する。文字列の追加や繰り返しも効果がある。以下、具体的な手順を紹介しよう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料