PR

写真の解像度はどれくらいあればよい?

 画像の解像度が低いと、実際の印刷時に表示が粗くなり、ギザギザが目立つ恐れがある。どの程度の解像度があれば問題ないのだろうか。

 一般的には、フォトブックの印刷解像度は200~300dpi(1インチ当たりのドット数)程度。この解像度を超えた画像であれば、印刷しても表示が粗くならないことになる。

 画像サイズ(ドット数)で考えてみよう。200dpiの場合、必要な画像サイズは、「一辺の長さ(mm)÷25.4(mm)×200(dpi)」という“公式”で計算できる。標準的なCDケースサイズの一辺は127mm。1インチは25.4mmなので1辺は5インチだ。ここに1インチ当たり200ドットを並べるので、5インチ×200dpiで1辺当たり1000ドットとなる。画像を2ページ見開きに印刷する場合は、横方向が2倍の2000ドット。つまり、見開きの写真でも300万画素のデジカメで事足りる。ただ、デジカメの画素数が足りていても、設定などでサイズを抑えている場合は解像度が不足することがあるので注意しよう。

用紙上の画像解像度は、200dpi程度あれば鑑賞に堪えるといわれる。CDケースサイズのフォトブックだと、1ページ全面で130万画素クラス、2ページ見開きに引き伸ばしても300万画素クラスのデジカメで撮影すれば問題ない
用紙上の画像解像度は、200dpi程度あれば鑑賞に堪えるといわれる。CDケースサイズのフォトブックだと、1ページ全面で130万画素クラス、2ページ見開きに引き伸ばしても300万画素クラスのデジカメで撮影すれば問題ない
[画像のクリックで拡大表示]