PR

 今、大画面テレビが売れている。例えば40型のフルHD対応テレビは、安いものなら実売10万円程度で手に入る。エコポイントの実施期間が今年末まで延びたことで、対象製品ならもっと安くなる。さらに、来年7月にアナログ放送が終了することも、テレビを買い替える人が増えている理由だ。

 ハイビジョン放送の美しい映像を堪能するにはもってこいの大画面テレビだが、それだけではもったいない。ぜひ、手持ちのパソコンをつないでみよう。大画面にパソコンの画面を映せば、その迫力にきっと驚くはず(図1)。パソコン内にあるデジカメ写真や動画、そしてウェブサイトを表示するとまさに圧巻だ。

 大画面テレビには、数多くの接続端子が搭載されている。その中には、パソコンと接続するための端子もある。これをケーブルでつなげば、パソコンのデスクトップ画面を映し出せる。テレビが居間に置いてあるなら、家族や友人などを集めてワイワイ騒ぎながら、大勢でパソコンの写真や動画、ウェブを楽しめる。1人でパソコンに向かっているときとは違った楽しみ方ができるわけだ。

 この特集では、大画面テレビをパソコンにつないで活用する方法を、2部構成で易しく解説する。

図1 今売れている大画面テレビは、さまざまな接続端子を搭載している。これらを使えば、パソコンとつなぐこともできる。パソコンに保存しているデジカメ写真や動画を見たり、ウェブサイトを大画面に表示したりして大勢で楽しめるのだ
図1 今売れている大画面テレビは、さまざまな接続端子を搭載している。これらを使えば、パソコンとつなぐこともできる。パソコンに保存しているデジカメ写真や動画を見たり、ウェブサイトを大画面に表示したりして大勢で楽しめるのだ
[画像のクリックで拡大表示]