PR

「気がつかぬ モード横たふ ステータス」

 入力中の数式に間違いを発見。修正しようと矢印キーを押すと、手前の文字に戻れずに、意味不明のセル記号が入ってしまう(図11)。

図11 数式を編集中に矢印キーを押すとなぜかセル記号が入る。原因は入力モードだからだ
図11 数式を編集中に矢印キーを押すとなぜかセル記号が入る。原因は入力モードだからだ

 このトラブルは入力時のモードが原因だ。Excelには「入力モード」と「編集モード」があり、それぞれで矢印キーの役割が異なる。入力モードで数式を入力する場合は、参照するセルを選択する役目を担う。また、数式以外を入力中だと、入力を確定する働きをする。

 2つのモードは「F2」キーで切り替えられる。編集モードに切り替えれば、矢印キーでセル内をカーソル移動できる(図12)。現在のモードをステータスバーで確認しながら適宜切り替えよう。

【「編集」モードならカーソルが移動】
図12 「F2」キーを押すと編集モードとなり、矢印キーでカーソルが移動する。常に画面下のステータスバーに注意しよう。数式以外を編集する際も、入力モードでは動作が異なる
図12 「F2」キーを押すと編集モードとなり、矢印キーでカーソルが移動する。常に画面下のステータスバーに注意しよう。数式以外を編集する際も、入力モードでは動作が異なる