PR

 ここまでは、PDFをそのまま加工・編集する方法を紹介してきた。しかし、PDF文書に新たに表を追加したり、段組みを変更するといった大掛かりな修正は、「書けまっせ!!PDF」などの市販ソフトを使っても難しい。

 このような大規模修正には、PDFをいったんWordなどに"逆変換"するのが近道だ。Word形式にしてしまえば、加工も編集も自由自在。修正が終わったら、作成&加工編で紹介した手順で再度PDFにすればよい(図1、図2)。

図1 文字直しや写真の差し替えでは収まらない大規模修正では、いったんWordやExcel形式に変換しよう。慣れたWordで編集した後、PDF形式で出力すればよい
図1 文字直しや写真の差し替えでは収まらない大規模修正では、いったんWordやExcel形式に変換しよう。慣れたWordで編集した後、PDF形式で出力すればよい
[画像のクリックで拡大表示]

図2 今回は、PDF文書内の表に行を追加、削除する。この場合は、一度Word形式に変換してから編集するのが早い。PDFのままでは難しかった大きな直しが、Wordならスムーズに行える
図2 今回は、PDF文書内の表に行を追加、削除する。この場合は、一度Word形式に変換してから編集するのが早い。PDFのままでは難しかった大きな直しが、Wordならスムーズに行える
[画像のクリックで拡大表示]