PR

デジタル製品の節約ポイントは、情報をいかに素早く収集し、的確に見分けるかにかかっています。ネットの機能を最大限に使えば、安値になった瞬間を見逃すこともありません。

価格比較サイトを使いこなす

図1 価格コムのホームページを開き、カテゴリーを選択するか(ここでは「カメラ」、「デジタルカメラ」の順にクリック)、キーワードで検索して目当ての商品のページを開く。「売れ筋ランキング一覧」をクリックして比較検討してみよう。
図1 価格コムのホームページを開き、カテゴリーを選択するか(ここでは「カメラ」、「デジタルカメラ」の順にクリック)、キーワードで検索して目当ての商品のページを開く。「売れ筋ランキング一覧」をクリックして比較検討してみよう。
[画像のクリックで拡大表示]

 薄くて軽いバイオXが欲しい!──お目当ての商品が決まっているとき、価格比較サイト「価格コム」で、安く売っているお店を探す人は多いでしょう。

 でも、漠然と例えば「デジカメが欲しい」というときも、価格コムは力になってくれます。まずは価格コムの「売れ筋」「注目」「満足度」の3つの「ランキング」をチェック。ここでは、実売価格に加え、製品ごとに横並びで仕様を比較できるので、価格相場と仕様とを手間なく知ることができます(図1~図3)。

 これらのランキングは、人気のバロメーターでもあります。多くのユーザーが気にしている製品から絞り込めば、“ハズレ”の商品を選ぶことはないでしょう。商品に目星を付けたら、実際の利用者の生の声がわかる「クチコミ」や、これからの価格動向が予測できる「価格変動履歴」もチェック(図4)。

 高価なデジタル製品は、後悔しない買い物をすることが1番のお得になります。ここで紹介するワザを使って、賢い買い物をしてください。

気になる商品を吟味しよう

図2 ランキングの一覧を見て、気になる商品にチェックを付けたら(1)、「アイテムを比較する」ボタンをクリックする(2)。
図2 ランキングの一覧を見て、気になる商品にチェックを付けたら(1)、「アイテムを比較する」ボタンをクリックする(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 最安価格や各種スペックなど、一度に5つの製品が比較できる。「移動」や「削除」ボタンで、さらに商品を絞ることも可能。商品を絞ったら、製品名をクリックしよう。
図3 最安価格や各種スペックなど、一度に5つの製品が比較できる。「移動」や「削除」ボタンで、さらに商品を絞ることも可能。商品を絞ったら、製品名をクリックしよう。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 商品の詳細ページが現れる。メーカーのホームページにもリンクしているので、さらに細かくチェックしよう。下の方には、安い店のリストが順に表示されている。
図4 商品の詳細ページが現れる。メーカーのホームページにもリンクしているので、さらに細かくチェックしよう。下の方には、安い店のリストが順に表示されている。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]