PR

 新機能は魅力的なものの、慣れない環境を恐れるあまりWindows 7になかなか移行できないXPユーザーも多いだろう。実は、XPでもWindows 7の一部機能は再現可能だ。ここではそんな悩めるXPユーザーのために、XPの“Windows 7”化テクニックをいくつか紹介しよう。

 Windows 7とXPで見た目が大きく違うのはフォントのデザイン(図1)。Windows 7ではVistaから導入された「メイリオ」フォントを使用している。メイリオの特徴は、文字の輪郭が滑らかで読みやすい点。このメイリオフォントは、マイクロソフトのサイトに公開されており、XPに導入が可能だ(図2、図3)。気に入らなければ、デスクトップを右クリックして「画面のプロパティ」を開き、「テーマ」タブにあるテーマ欄を「Windows XP」に戻せばよい。

【Windows 7の「メイリオ」フォントをXPに導入する】
図1 Windows 7が採用する「メイリオ」フォントはXPにも導入可能。マイクロソフトのサイトで「メイリオ XP」で検索してメイリオの公開ページにアクセス。ダウンロードしたらファイルを実行する
図1 Windows 7が採用する「メイリオ」フォントはXPにも導入可能。マイクロソフトのサイトで「メイリオ XP」で検索してメイリオの公開ページにアクセス。ダウンロードしたらファイルを実行する
[画像のクリックで拡大表示]

図2 デスクトップを右クリックして「プロパティ」を選び、「デザイン」タブの「詳細設定」ボタンを押すと、使用するフォントの種類に「メイリオ」が選べる。「指定する部分」欄でアクティブタイトルバーやメニューを変更するとよい
図2 デスクトップを右クリックして「プロパティ」を選び、「デザイン」タブの「詳細設定」ボタンを押すと、使用するフォントの種類に「メイリオ」が選べる。「指定する部分」欄でアクティブタイトルバーやメニューを変更するとよい
[画像のクリックで拡大表示]

図3 メイリオはそのまま表示させると縁がぎざぎざになる。「デザイン」タブにある「効果」ボタンを押し、「次の方法で…」にチェックを入れて「ClearType」を選ぶと文字の縁が滑らかになる
図3 メイリオはそのまま表示させると縁がぎざぎざになる。「デザイン」タブにある「効果」ボタンを押し、「次の方法で…」にチェックを入れて「ClearType」を選ぶと文字の縁が滑らかになる
[画像のクリックで拡大表示]