PR

 Office 2007やOffice 2010では、ファイルを保存するときに「PDFまたはXPS」という項目が表示されます(図1)。

ファイル保存時に「XPS」という項目が現れる
図1 SP2(サービスパック2)導入済みのOffice 2007や、Office 2010で「Office」ボタンをクリックしてから「名前を付けて保存」にポインターを合わせると、「PDFまたはXPS」と表示される。
図1 SP2(サービスパック2)導入済みのOffice 2007や、Office 2010で「Office」ボタンをクリックしてから「名前を付けて保存」にポインターを合わせると、「PDFまたはXPS」と表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 XPSは、配布用や印刷用の文書に適したファイル形式で、電子説明書や電子申請書などでよく使われるPDFと、用途はほぼ同じです。アドビ システムズが策定したPDFに対して、XPSはマイクロソフトが定めた規格で、Windows Vistaから標準で対応しています。

 両者は用途こそ同じですが、実は違いがあります。XPSは、Vistaや7搭載パソコンなら、Officeやアドビリーダーなどの閲覧用のソフトが入っていなくても、インターネット・エクスプローラ(IE)で開くことができます(図2、図3)。また、基本的に一度作られたXPS形式のファイルは改変ができないというのも特徴です。

XPS形式のファイルは大半のパソコンで開ける
図2 上図の「ファイルの種類」欄で、保存の形式として「PDF」か「XPS」を選べる。「XPS文書」を選び(1)、「発行」(2)をクリック。Vistaや7搭載パソコンなら、紙飛行機のマークが付いたXPS形式のファイルが作られ、ファイルの中身も縮小表示される。
図2 上図の「ファイルの種類」欄で、保存の形式として「PDF」か「XPS」を選べる。「XPS文書」を選び(1)、「発行」(2)をクリック。Vistaや7搭載パソコンなら、紙飛行機のマークが付いたXPS形式のファイルが作られ、ファイルの中身も縮小表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 Officeが入っていないパソコンでも、図2のファイルをダブルクリックすればIEが起動し、中身が表示される。拡大・縮小のほか、「2ページ」など様々な表示ができる。
図3 Officeが入っていないパソコンでも、図2のファイルをダブルクリックすればIEが起動し、中身が表示される。拡大・縮小のほか、「2ページ」など様々な表示ができる。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、Windows XPはXPSに対応していませんが、マイクロソフトが提供する「ドットネットフレームワーク(.NET Framework)」が導入すれば開けます[注]。ホームページで、「3.0」以降の版をダウンロードしてください(図4、図5)。

[注]フリーソフトなど一部のソフトの動作に必要な部品となるファイルのことです。

Windows XPでもXPS形式で閲覧・保存できる
図4 XPパソコンでファイル名の末尾に「.xps」と付いたファイルが開けない場合は、ドットネットフレームワークの「3.0」以降を入手すれば開ける。上図のマイクロソフトのホームページで「.NET」と入力して(1)、(2)をクリック。「.NET Framework 3.5」をクリック(3)。次の画面で「ダウンロード」をクリックし、ダウンロードした「dotNetFx35setup」をダブルクリックして、インストールすればいい。これでXPS形式のファイルが開けるようになる。
図4 XPパソコンでファイル名の末尾に「.xps」と付いたファイルが開けない場合は、ドットネットフレームワークの「3.0」以降を入手すれば開ける。上図のマイクロソフトのホームページで「.NET」と入力して(1)、(2)をクリック。「.NET Framework 3.5」をクリック(3)。次の画面で「ダウンロード」をクリックし、ダウンロードした「dotNetFx35setup」をダブルクリックして、インストールすればいい。これでXPS形式のファイルが開けるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

図5 Office 2003の場合、図1と同じ項目は現れない。「ファイル」→「印刷」とクリックし(1)、「プリンタ名」欄で「Microsoft XPS Document Writer」を選んで(2)、「OK」(3)。次の画面で、作成するXPSファイルの名前を付けて保存する。
図5 Office 2003の場合、図1と同じ項目は現れない。「ファイル」→「印刷」とクリックし(1)、「プリンタ名」欄で「Microsoft XPS Document Writer」を選んで(2)、「OK」(3)。次の画面で、作成するXPSファイルの名前を付けて保存する。
[画像のクリックで拡大表示]

(協力:マイクロソフトコンシューマサポート部 山口 森氏)