PR

チャンネル受信・設定はアンテナ線接続が望ましい

 いくらPCでテレビが見られて、そのコンテンツを材料にパソコン的な楽しみ方ができたとしても、肝心のテレビ映像がきれいでなければ楽しみは半減する。

 その点このチューナーを使って、地デジ用のアンテナ線を接続するか、電波状況の良い所で無線アンテナを利用すれば、ノートPCで高画質のハイビジョン映像(約200万画素)を視聴できる。

 「ちょいテレ・フル」の本体、視聴ソフト「PCastTV for地デジLite」などをセッティングした後、最初にしなくてはならないことは「チャンネルの受信・設定」だ。インストール後、デスクトップのアイコンをダブルクリックして初めて起動すると(図1上)、最初にチャンネル設定画面が表示され、ここで「自動取得」をクリックすると、チューナーがチャンネル取得を開始(図1中)。この作業は数分から数十分掛かる。

 この作業は簡易アンテナでも可能だが、電波状況によっては特定のチャンネルが取得できないケースがあるので、アンテナ線を接続する「有線」の状態で行うことがベスト。

 家の受信システムが地デジに未対応で、UHFのアンテナ線がない場合は、付属の高性能アンテナを使うといい。

図1 無線アンテナを使ってのチャンネル受信・設定は、一部のテレビ局だけが取得できないケースがあった。次ページの図の右上「サブウィンドウを開く」のサブウィンドウ画面にあるテレビ局のマークは、最初は現れず、そのチャンネルを一定時間受信していると、自然に表示されるようになる
図1 無線アンテナを使ってのチャンネル受信・設定は、一部のテレビ局だけが取得できないケースがあった。次ページの図の右上「サブウィンドウを開く」のサブウィンドウ画面にあるテレビ局のマークは、最初は現れず、そのチャンネルを一定時間受信していると、自然に表示されるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 自分の住む地域で受信可能なチャンネルをすべて取得すればこの作業は完了。見たいチャンネルを「サブウィンドウ」で選んでダブルクリックすれば、受信を開始する(図1下)。

 このチャンネル取得操作が必要なのは最初の1回だけで、以後改めてPCを起動しても、視聴ソフトを起動してすぐに番組を見ることができる。