PR

 設定を見直す手始めとして、まず自分のパソコンのセキュリティ対策を確認しておきたい。すなわち、OSやアプリケーションのセキュリティ更新プログラム(セキュリティパッチ)が適用されているかどうか、脆弱(ぜいじゃく)性を修正した最新版になっているかどうか、ということだ。コントロールパネルから「Windows Update」(図1)を選択し、設定を見てみよう(図2)。

Windows Updateは必ず実行

図1 Windows 7/Vistaではコントロールパネルの「Windows Update」を選択。XPではコントロールパネルの「セキュリティセンター」に同様の機能がある
図1 Windows 7/Vistaではコントロールパネルの「Windows Update」を選択。XPではコントロールパネルの「セキュリティセンター」に同様の機能がある
[画像のクリックで拡大表示]

図2 Windows Updateの設定の変更や更新履歴の表示などができる。画面に黄色や赤の警告が表示されている場合は、ただちに「更新プログラムのインストール」を実行しよう
図2 Windows Updateの設定の変更や更新履歴の表示などができる。画面に黄色や赤の警告が表示されている場合は、ただちに「更新プログラムのインストール」を実行しよう
[画像のクリックで拡大表示]