PR

 ノートパソコンを持ち歩く人にとって、バッテリーの問題はやっかいだ。駆動時間を伸ばそうとすると、CPUパワーを落とし、ディスプレイの輝度を下げることになり、処理性能や画面の明るさ、見やすさが犠牲になる。一方、処理性能を優先すれば、今度は駆動時間が短くなる。

 また、バッテリーというのは、経年劣化する。使い続けていると新品のころと比べて充電できる容量が少なくなってしまう。

 どうすればこうした問題を解決できるのだろうか。ここではバッテリーに関する設定や使い方を見ていく。

環境に合わせて適宜変更

 バッテリー駆動時間を延ばす解は、極論すれば1つしかない。できるだけバッテリーを使わないようにすることだ。当たり前だが、処理性能や画面の明るさとのバランスを考えて最適値を見つけ出すのは難しい。用途や使う環境によって、そのバランスは変わってくるからだ。逆に言えば、用途や使う環境に合わせて、設定を変えることが重要になる。

 バッテリーに関する設定は、「電源オプション」で行う(図1)。初めからいくつかの「電源プラン(XPでは「電源設定」)」が用意されている。電源プランごとに、ディスプレイの電源を切る時間や、スリープ状態にする時間が指定されており、図2の「プラン設定の変更」から確認できる(図3)。さらに詳しい内容は、図4の「詳細設定」から確認ができ、この画面で設定を変更することも可能だ。図5の手順で設定を変更すれば、オリジナルの電源プランも作成できる。

駆動時間の延長には設定が肝心

図1 バッテリー駆動時間に関連する設定は、コントロールパネルの「電源オプション」で行う
図1 バッテリー駆動時間に関連する設定は、コントロールパネルの「電源オプション」で行う

図2 「電源オプション」の画面。おおまかな設定がいくつか用意されている。ここで「電源プラン」を自分の使用環境に合わせて選択すればよい(XPでは「電源設定」)
図2 「電源オプション」の画面。おおまかな設定がいくつか用意されている。ここで「電源プラン」を自分の使用環境に合わせて選択すればよい(XPでは「電源設定」)
[画像のクリックで拡大表示]

図3 電源プランの内容は、図2の右側にある「プラン設定の変更」から確認できる
図3 電源プランの内容は、図2の右側にある「プラン設定の変更」から確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

図4 Windows 7/Vistaでは図3の「詳細な電源設定の変更」を選択すると「詳細設定」タブの画面が現れ、より細かい設定を変更できる
図4 Windows 7/Vistaでは図3の「詳細な電源設定の変更」を選択すると「詳細設定」タブの画面が現れ、より細かい設定を変更できる

図5 図2の「電源プランの作成」を選択すると、自分仕様のプランを作成できる。既存のプランの中から最も近いプランを選び、「次へ」ボタンをクリック(左)。次に現れる右の画面で、ディスプレイの明るさなどの設定を変更できる。画面は違うがXPでも自分仕様の設定にできる
図5 図2の「電源プランの作成」を選択すると、自分仕様のプランを作成できる。既存のプランの中から最も近いプランを選び、「次へ」ボタンをクリック(左)。次に現れる右の画面で、ディスプレイの明るさなどの設定を変更できる。画面は違うがXPでも自分仕様の設定にできる
[画像のクリックで拡大表示]