PR

 「にっけい」と入力して「日経」に変換。「いたくないよう」と入力して「委託内容」のつもりが「痛くないよう」─。パソコンの日本語変換は悲喜こもごもだが、この仕事を担っているのがIME[注1]と総称される日本語入力ソフトだ。画面上で「言語バー」として表示される縁の下の力持ち。Windowsには標準で「MS-IME」[注2]というマイクロソフトの製品が組み込まれており、メールやExcelなどさまざまなソフト上で利用できる仕組みになっている。

 このIME、標準以外の製品も利用できるのをご存じだろうか。そして変換精度や機能、使い勝手はIMEの種類で結構違う。高性能なIMEとしてはジャストシステムの「ATOK(エイトック)」が有名だが、これは有償。本特集で注目したいのはフリーの製品だ。

 まずはネット検索でおなじみのグーグルが開発した「グーグル日本語入力」。そして中国のネット検索企業「バイドゥ(百度)」が開発した「バイドゥタイプ」。大手ネット検索企業の日本法人が独自に相次いで無償IMEをリリースしたことで、今年の春は注目を集めた。

 さらに極めつきがマイクロソフトの方針転換だ。今年6月に、Office 2010に付属するMS-IMEの最新版を無償提供したのである。同社では初の試みだ。

 ここに至り我々の手中には、3つの大手フリーIMEの選択肢がそろう運びとなった(図1、図2)。

図1 グーグルやバイドゥから個性的なIME(日本語入力ソフト)が無償配布されたのと時期を同じくして、マイクロソフトの最新IME「MS-IME 2010」も無償提供される運びに。どれか1つに絞らず、適材適所で使い分けるとよい。Windowsでは複数のIMEを言語バーで瞬時に切り替えられる
図1 グーグルやバイドゥから個性的なIME(日本語入力ソフト)が無償配布されたのと時期を同じくして、マイクロソフトの最新IME「MS-IME 2010」も無償提供される運びに。どれか1つに絞らず、適材適所で使い分けるとよい。Windowsでは複数のIMEを言語バーで瞬時に切り替えられる

図2 グーグルとバイドゥは芸能人の名前やドラマの題名などのはやり言葉の変換に強い。ただ、前者は顔文字変換ができず、後者では郵便番号変換ができない。一長一短なので、TPOで使い分けよう
図2 グーグルとバイドゥは芸能人の名前やドラマの題名などのはやり言葉の変換に強い。ただ、前者は顔文字変換ができず、後者では郵便番号変換ができない。一長一短なので、TPOで使い分けよう
[画像のクリックで拡大表示]

[注1] Input Method Editorの略で、アイエムイーと読む。仮名漢字変換ソフト、日本語入力ソフトとも言われる
[注2] Windowsに付属のものはMicrosoft IME、オフィスに付属のものはMicrosoft Office IMEという。本特集ではMS-IMEと総称する