PR

 パソコンにはさまざまな痕跡が残る。家族に内緒のマル秘活動で注意すべきは、開いたウェブページとファイルの履歴だ(図1~図4)。いずれも再度同じウェブやファイルを開く際には重宝するが、マル秘活動では迷惑千万極まりない。

図1 「お気に入り」を押して「履歴」タブを開くと、過去に見たウェブページが一覧表示される。過去に開いた画像やPDFが現れることもある
図1 「お気に入り」を押して「履歴」タブを開くと、過去に見たウェブページが一覧表示される。過去に開いた画像やPDFが現れることもある
[画像のクリックで拡大表示]

図2 設定次第だが、スタートメニューの「最近使ったファイル」にも、過去に開いたファイルの履歴が残る
図2 設定次第だが、スタートメニューの「最近使ったファイル」にも、過去に開いたファイルの履歴が残る
[画像のクリックで拡大表示]

図3 メディアプレーヤー11以前では、「Alt」キーを押して「ファイル」メニューを開くと、過去に開いた動画ファイルの履歴が表示される[注1]
図3 メディアプレーヤー11以前では、「Alt」キーを押して「ファイル」メニューを開くと、過去に開いた動画ファイルの履歴が表示される[注1]
[画像のクリックで拡大表示]

図4 タスクバーのアイコンを右クリックすると、過去に開いたファイルが表示される。この履歴は「最近使ったファイル」(図1)とは別に管理され、スタートメニューでもソフト別に表示される(図13)
図4 タスクバーのアイコンを右クリックすると、過去に開いたファイルが表示される。この履歴は「最近使ったファイル」(図1)とは別に管理され、スタートメニューでもソフト別に表示される(図13)
[画像のクリックで拡大表示]

[注1] Windows 7に付属の最新版12では「ファイル」メニューに履歴が現れない。履歴はタスクバー(図4)やスタートメニュー(図13)に現れ、ソフト側で削除(図14、図15)するとそれらが消える。ただし、すべてのソフトについて、Windows 7側とソフト側の履歴が連動するとは限らないので、双方をチェックする必要がある