PR

数字の切り捨て、切り上げ、四捨五入
「本日はタイトルについて一言申し上げたい。本来、数字は角張っているものなのか?」

 藪から棒だな。で、数字が角張っている・・・?

「タイトルに数字の丸めとあるではないか」

 あぁ、そういうことね。もちろん数字は角張っているわけじゃないし、角張った数字を丸めようというんじゃない。特定の桁数で、数値を切り捨てたり、切り上げたり、あるいは四捨五入したりする。このような操作を一般に「数字の丸め」と呼ぶのさ。

「なんだ、そうか」

 では、ちょっと面白い問題を示そう。図1はこのあいだ文具店で買い物したときのレシートを参考にして作った。「価格」には、いわゆる税抜価格を表示してある。B7に入る数式を答えてもらいたい。

空白に数式を入れる
図1 空白のセルに消費税を計算したい。あなたならばどのような数式を書くだろうか。それはつぶやき三四郎と同じ内容だろうか
図1 空白のセルに消費税を計算したい。あなたならばどのような数式を書くだろうか。それはつぶやき三四郎と同じ内容だろうか

「キミはわたしを愚弄しているのか。小計×消費税、つまり『=B6*0.05』に決まってるじゃないか」

 なるほど。では、それでシートを作成しよう(図2)。ちなみに小計や合計に用いるのはSUBTOTAL関数で決まりだね(SUBTOTALを究めて集計の達人になれ)。

表が完成した
図2 つぶやき三四郎の言った要領で数式を組み立てた。一見、きちんと消費税が算出されているように見えるが・・・
図2 つぶやき三四郎の言った要領で数式を組み立てた。一見、きちんと消費税が算出されているように見えるが・・・
[画像のクリックで拡大表示]

「完成したようだが、この表が何か」

 やはり気が付かないようだ。よく見てもらいたい。この表にはちょっとした「あれ?」がある。

「えっ、ほんと。うーん、得意の暗算をしたけれど、これで間違いないんじゃないの」

 問題は消費税の部分なんだけどなぁ…。

「あら、おかしいな。合ってるはずなんだが」

 ならば試しに、「消費税」の小数点以下を表示してみよう。B7を選択して「ホーム」タブから「小数点以下の表示桁数を増やす」をクリックする。すると次のようになった(図3)

消費税の小数点以下を表示した
図3 「消費税」の小数点以下を表示した。「¥162.6」となっている。つまり小数点以下が四捨五入されて「¥163」となっていたわけだ
図3 「消費税」の小数点以下を表示した。「¥162.6」となっている。つまり小数点以下が四捨五入されて「¥163」となっていたわけだ
[画像のクリックで拡大表示]

「小数点以下が表示されたけれど、これが何か」

 うーん。まだ気が付かない。では、引き続きその点を説明しつつ、対応策を考えよう。