PR

 パソコンの中身を漏れなくバックアップしたいなら、内蔵HDDを外付けHDDなどに丸ごと複製する「ディスクイメージのコピー」がお薦め(図1)。ユーザーが作ったデータはもちろんWindowsなどのシステムも復元できる。

図1 ディスクのイメージを丸ごとコピーするだけなら、Windows 7の付属ソフトやフリーソフトで十分。市販ソフトは、便利な機能を多数備えている
図1 ディスクのイメージを丸ごとコピーするだけなら、Windows 7の付属ソフトやフリーソフトで十分。市販ソフトは、便利な機能を多数備えている
[画像のクリックで拡大表示]

 HDDの中には、Cドライブを筆頭にに多数のファイルやフォルダーが階層構造で格納されているが、それらを巨大な1つのファイルにまとめて保存する。もちろん、データを復元した際にはファイル/フォルダーの階層構造が保持されている。この手法には「バックアップデータの管理が楽」「データを圧縮できる」といった利点があり、多くのフリー/市販ソフトが採用している。

 一昔前は、ディスクイメージをコピーするのに有料ソフトが必要だった。今では単にコピーするだけなら無料ソフトで可能だ。市販ソフトは、単にディスクイメージをコピーするだけでなく、便利な機能がセットになっている。これについては後ほど紹介する。