PR

 ウインドウ右上にあった「検索ボックス」がなくなったことに戸惑う人がいるかもしれない。IE9では、アドレスバーが検索ボックスを兼ねている(図1)。ウェブページのアドレス(URL)も検索キーワードも同じ場所に入力すればいい。

 URLの場合、最初の数文字を入れると、残りの文字を補って候補を表示してくれるので、必ずしもURLすべてを入力する必要がない(図2)。また、入力途中の段階で表示される履歴一覧に目的のページがあれば、直接アクセスすることもできる(図3)。

 検索の方法はこれまでと何も変わらない(図4)。

図1 検索ボックスがなくなり、アドレスバーが検索機能も受け持つようになった。アドレスバーをクリックして入力できる状態にし、URLまたは検索キーワードを入力する
図1 検索ボックスがなくなり、アドレスバーが検索機能も受け持つようになった。アドレスバーをクリックして入力できる状態にし、URLまたは検索キーワードを入力する
[画像のクリックで拡大表示]

図2 URLを入力し始めると(1)、今までにアクセスしたことのあるウェブページの中から、候補となるアドレスを自動的に補完して表示する(2)。「→」キーを押した後、「Enter」キーを押すとURLを確定して、目的のページを表示する(3)[注]
図2 URLを入力し始めると(1)、今までにアクセスしたことのあるウェブページの中から、候補となるアドレスを自動的に補完して表示する(2)。「→」キーを押した後、「Enter」キーを押すとURLを確定して、目的のページを表示する(3)[注]
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い