PR

 パソコンを使い始めた頃のように調子が良い状態に戻しましょう。リカバリーより簡単に、トラブルの原因をなくして、パソコンを速くします。ファイルとソフトの対応、かな漢字変換、自動入力の使いにくいところも直します。

パソコンの調子を悪くする二つの原因を取り除く

 ここからは、使い始めの頃のような、トラブルが起きにくく、動作も速いパソコンに戻すために、Cドライブを掃除します。リカバリーでも同様の効果がありますが、もっと簡単にできます。

 はじめにパソコンのトラブルの原因を削除します。ここで削除する項目は二つ。一つ目は、ホームページの表示やウィンドウズの更新などがおかしくなる原因になる「一時ファイル」を削除します(図A)。二つ目は、ソフトやウィンドウズが起動しないといったトラブルの原因になる「不要なレジストリの設定」を削除します(図B)。

なるほど絵解き事典

一時ファイルが壊れると調子が悪くなる原因に


→(1)で解決!
図A 壊れた一時ファイルは画像表示やウィンドウズの更新などができなくなる原因に。
図A 壊れた一時ファイルは画像表示やウィンドウズの更新などができなくなる原因に。
[画像のクリックで拡大表示]

レジストリに不要な設定が残っているとパソコンの調子が悪くなる



→(2)で解決!
図B レジストリに不要な設定が残ると、なくなったファイルを参照しようとするため、トラブルの原因になる。
図B レジストリに不要な設定が残ると、なくなったファイルを参照しようとするため、トラブルの原因になる。
[画像のクリックで拡大表示]