PR

紙の書類をPDFにする

 紙の書類をスキャンしてPDFファイルにすることも可能だ。ただし、この場合は「画像」として取り込むため、スキャンした文字を取り出したり、検索したりはできない。

 しかし最近の複合機やスキャナーは、OCR(光学文字読み取り)機能により画像内の文字をテキスト化し、それを画像の上に透明の文字として貼り付けたPDFに変換できる(図19~図21)。OCRによる文字なので、精度には限界があるが、単語を検索する程度なら十分役に立つ。

●複合機やスマートフォンで紙の書類をPDF化
図19 最新の複合機やスキャナーでは、OCR機能を使って認識したテキストをPDF内に埋め込むことで、検索が可能なPDFファイルを作成できる
図19 最新の複合機やスキャナーでは、OCR機能を使って認識したテキストをPDF内に埋め込むことで、検索が可能なPDFファイルを作成できる
[画像のクリックで拡大表示]

図20 「EP-804A」では、設定画面で保存形式を「PDF」に指定し、「詳細設定」をクリック
図20 「EP-804A」では、設定画面で保存形式を「PDF」に指定し、「詳細設定」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

図21 ウインドウが開いたら「テキスト検索可能PDFを作成する」をチェックする
図21 ウインドウが開いたら「テキスト検索可能PDFを作成する」をチェックする
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、スマートフォンのカメラを使って、紙の文書をPDFにするような、ユニークなソフトもある。作成できるのは画像のみのPDFだが、手軽に作成できるので、外出先などで重宝する(図22、図23)。

図22 iPhoneのカメラ機能でPDFを作成するソフト。無料版の「JotNot Scanner Free」もある
図22 iPhoneのカメラ機能でPDFを作成するソフト。無料版の「JotNot Scanner Free」もある
[画像のクリックで拡大表示]

図23 カメラ機能で机に置いた書類を撮影する。ゆがみを補正するためのゲージが自動的に表示される。指でゲージの位置を微調整したら「処理する」をクリック。コントラストが強調され、PDF文書になる。画面中央の丸い矢印をクリックすると、後からゆがみの調整がやり直せる
図23 カメラ機能で机に置いた書類を撮影する。ゆがみを補正するためのゲージが自動的に表示される。指でゲージの位置を微調整したら「処理する」をクリック。コントラストが強調され、PDF文書になる。画面中央の丸い矢印をクリックすると、後からゆがみの調整がやり直せる
[画像のクリックで拡大表示]