PR

 PDFの活用に慣れ、使う機会が増えてくると、PDFファイルの整理や保管も重要になってくる。ここでは、パソコン内にあるPDFを素早く探したり、スマートフォンで閲覧や保存をしたりいった、PDFを管理する方法を見ていこう(図19)。

●必要なPDFを素早く開く2つの方法
図19 必要なPDFをいつでもどこでも、すぐに読む方法は2つ。一つはパソコン上で大量のPDFファイルから探す技を覚えること。もう一つは、パソコンで作成・入手したPDFファイルを、スマートフォンやタブレット端末で閲覧する環境を整えることだ。
図19 必要なPDFをいつでもどこでも、すぐに読む方法は2つ。一つはパソコン上で大量のPDFファイルから探す技を覚えること。もう一つは、パソコンで作成・入手したPDFファイルを、スマートフォンやタブレット端末で閲覧する環境を整えることだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコン内のPDFを探す方法として、まずサムネイル(縮小画像)を利用する手がある。Adobe Readerをインストールすると、PDFのアイコンが、1ページ目のサムネイルになる(図20)。しかもWindows 7やVistaでは、アイコンのサイズを自在に調整できるので、大きくすればさらに分かりやすくなる(図21)。

●サムネイル表示すれば目で探せる
図20 Adobe Readerをインストールすると、PDFのアイコンが1ページ目のサムネイルになる。XPの場合は「縮小版」表示を選ぶとサムネイル表示になる。7はツールバーの「表示方法」ボタン(Vistaは「表示」)の右にある「▼」をクリックするとサイズが変わる
図20 Adobe Readerをインストールすると、PDFのアイコンが1ページ目のサムネイルになる。XPの場合は「縮小版」表示を選ぶとサムネイル表示になる。7はツールバーの「表示方法」ボタン(Vistaは「表示」)の右にある「▼」をクリックするとサイズが変わる
[画像のクリックで拡大表示]

図21 表示されるスライドバーをドラッグするとサイズを変更できる。例えば「特大アイコン」にすると、図のようになる
図21 表示されるスライドバーをドラッグするとサイズを変更できる。例えば「特大アイコン」にすると、図のようになる
[画像のクリックで拡大表示]