PR

 家の中ではブロードバンド回線、出先では携帯電話やスマートフォンの無線通信と、いつでもどこでも情報にアクセスできる快適な通信環境が簡単に手に入るようになった。いまやネット環境は我々の生活や仕事に不可欠なライフライン。ただその一方で、ユーザーが負担する通信費用が以前より増えたと実感している人は多いのではないだろうか。

 一般にFTTHやADSLなどの固定回線が電話料金込みで4000~7000円、携帯電話やスマートフォンが6000~7000円、出先でもパソコンをネット接続するなら、データ通信サービスが4000~6000円かかる。これらを使っている場合の料金を合計すると月額1万4000~2万円となる。年間に換算すると16万8000~24万円にも達する(図1)。家族が多い世帯であれば、契約分の携帯電話の料金がかかることになる。

●複数の通信料金を積み上げると年間でかなりの金額に
図1 通信環境が必須のものとなる一方、ユーザーが支払う通信料金は高まりつつある。まとめて年額を計算すると、かなりの金額に達する。図中では代表的なサービスの一般的な料金を示した
図1 通信環境が必須のものとなる一方、ユーザーが支払う通信料金は高まりつつある。まとめて年額を計算すると、かなりの金額に達する。図中では代表的なサービスの一般的な料金を示した
[画像のクリックで拡大表示]

新サービスで料金見直し

 「通信は生活に必要なものだから、少々高くても仕方がない」「値段はこんなものだろう」とあきらめる必要はない。実は、ユーザーがちょっとした工夫を加えることで通信料金を下げる余地が残されているのだ。通信料金の中から必要のない項目を削減してムダをなくす、あるいは通信事業者の競争によって登場した低価格の最新サービスに切り替えるといった方法がある。

 例えば、固定通信を2年契約のプランに切り替えることで、毎月の料金が下げられる(図2上)。契約の途中でサービスを停止するには解約金が必要となるという点は注意が必要だが、引っ越しなどの予定が当面はないのなら、有力な選択肢となる。

 通信の利用頻度が低いユーザーの場合には、2段階定額プランにするという手がある。あまり利用しなかった月は料金を安くできる。

 スマートフォンのほかにパソコンなどのネット接続に使うモバイルルーターを使っているなら、モバイルルーターとしても使えるテザリング対応のスマートフォンに切り替えるという手がある(図2中央)。

 携帯電話とスマートフォンの「2台持ち」をしている人もいるだろう。その場合でも、格安で通信できるSIMカードと組み合わせて使えば、月額料金はわずか2000円程度に抑えることができる(図2下)。

●料金プランや利用方法を見直して通信料金を下げる
図2 お得な料金プランやサービスに切り替えることで、通信料金を劇的に下げられる場合がある。例えば、固定通信を2段階定額プランにする、モバイルルーターをテザリング可能なスマートフォンに切り替える、格安SIMカードを使うといった手がある。料金に通話料は含まない
図2 お得な料金プランやサービスに切り替えることで、通信料金を劇的に下げられる場合がある。例えば、固定通信を2段階定額プランにする、モバイルルーターをテザリング可能なスマートフォンに切り替える、格安SIMカードを使うといった手がある。料金に通話料は含まない
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料