PR

 今年の夏も電力供給がやや心許ない状況が続いている。発電所の問題だけでなく、最近増えているゲリラ豪雨に伴う雷で、近隣が停電する可能性も少なくないのだ。

 そこで注目したいのがUPS(uninterruptible power supply;無停電電源装置)だ。ふいの停電や一瞬電気の供給が途絶える「瞬断」などが起こっても、UPSがあれば安心して作業できる。大事な仕事のデータを失わないために、今年こそ導入を検討してはいかがだろう。

 今回の記事執筆のために調べて驚いたのだが、UPSの価格が驚くほど下がっているのも推奨する理由の一つだ。なんと、満足できる製品が1万円台前半で買えてしまうのだ。個人的な話しで恐縮だが、4~5年前に購入したUPSは、現在のものよりはるかに性能が低いにもかかわらず、価格は2倍以上だった。安心を買うのは素晴らしいことだが、直接的に生産性にはつながらない。だからこそ、リーズナブルなのがうれしいところだ。

 本コーナーでは、はじめてUPSを選ぶ際のポイントを紹介していこう。

今回、記事で取り上げた製品を購入できます。
(上記リンクをクリックするとNTT-X StoreのWebサイトへ飛びます)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い