PR

イラスト付き「トーク」で楽しくやり取り

 既に述べた通り、テキストメッセージで相手とやり取りできる「トーク」は、LINEで人気の機能だ。

 無料通話と同様、友だちリストなどから表示するポップアップ画面で始められる(図1)。「トーク」を押すと相手とのトーク画面になり、ここで下端にある欄に文字を入力して「送信」を押す(図2)。自分の発言は右から黄緑色のフキダシで表示され、相手からの返答は、左から白いフキダシで表示される(図3)。

 なお、送ったメッセージに赤い色の「!」のマークが表示されている場合は、メッセージの送信が完了していない。この場合、「!」をタップして「再送する」または「削除する」を選べる。通信エラーが原因と思われる場合は、環境の良さそうな場所に移動して再送信しよう。

●相手とのトーク画面でやり取りする
図1(左) 友だちリストから相手を選び、ポップアップする画面で「トーク」をタップする<br/>図2(中) 相手とのトーク画面になるので、画面下に文字を入力して「送信」を押す<br/>図3(右) 自分の発言は黄緑色で追加される(上)。同様に相手からの応答は白色で追加される(下)
図1(左) 友だちリストから相手を選び、ポップアップする画面で「トーク」をタップする
図2(中) 相手とのトーク画面になるので、画面下に文字を入力して「送信」を押す
図3(右) 自分の発言は黄緑色で追加される(上)。同様に相手からの応答は白色で追加される(下)
[画像のクリックで拡大表示]

絵文字やイラストを使う

 トークには、文字だけでなく絵文字や「スタンプ」と呼ぶイラストを送る機能がある。これらをトーク画面にちりばめることで、感情や気持ちを伝えやすいコミュニケーションができる。こういった絵文字やスタンプの楽しさが、若い世代に受けている理由の一つだ。

 絵文字は文字と同じように使う。入力欄の左側にある顔文字のボタンをタップすると、絵文字が一覧表示される。この中から選ぶと、入力欄にその絵文字が入る。「送信」をタップすれば、そのまま文字と一緒にトーク画面に現れる(図4)。

●絵文字やイラストも使える
図4 「その他」の画面で「ホーム」を選ぶ(上)。自分のタイムラインが表示されるので、右上の投稿ボタンを押す(下)。図3の投稿ボタンからでもよい
図4 「その他」の画面で「ホーム」を選ぶ(上)。自分のタイムラインが表示されるので、右上の投稿ボタンを押す(下)。図3の投稿ボタンからでもよい