PR

 スケジュールやToDo(やることリスト)を管理するのに便利なGoogleカレンダー。各種手帳アプリとデータを連携することができるし、もちろんWebサイト上でGoogleカレンダーを表示して入力・閲覧することも可能だ。会社、自宅などでパソコンを前にしているなら、画面表示が広く、キーボードからの文字入力もしやすいWeb版を使うのが便利だろう。ここでは、Googleカレンダーの基本的な使い方を解説しよう。取りあえず「予定の入力」「表示の切り替え」「予定の通知」「ToDoの登録」の4つの機能を覚えるだけですぐに使い始めることができる(図1)。

図1 Googleカレンダーのメイン画面。URLにアクセスして、Googleアカウントでログインする。(1)予定の入力、(2)表示の切り替え、(3)予定の通知、(4)ToDoリストを覚えれば、快適に使いこなすことができる
図1 Googleカレンダーのメイン画面。URLにアクセスして、Googleアカウントでログインする。(1)予定の入力、(2)表示の切り替え、(3)予定の通知、(4)ToDoリストを覚えれば、快適に使いこなすことができる
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleカレンダーを利用するにはまず、サイトにアクセスしてログインする。Gmailなどグーグルのサービスを使っているなら、そのID・パスワードをそのまま利用できる。使っていない場合には「アカウントを作成」をクリックして新しくID・パスワードを登録すればよい。

1.ドラッグして予定を入力

 メイン画面にはスケジュール欄(週表示)が表示されるはずだ。予定を入力する方法は実に簡単。指定したい時間帯をマウスポインターでドラッグするだけで、予定を入力するボックスが現れる(図2)。ここで予定のタイトルを書き入れるだけでも構わないが、「予定を編集」をクリックすると便利な設定画面が現れる(図3)。毎週金曜日の午前中に定時で行われる会議があったとしよう。そうした場合には「繰り返し」チェックボックスをクリックして、繰り返す期間を指定すればよい。一度の作業で、毎週の予定が一気に入力できる(図4)。「営業」「会議」「プライベート」などで予定を色分けするのも分かりやすい。「予定の色」欄から選ぶだけで着色することができる。

予定の入力
図2 カレンダー上で予定を入れたい時間帯をマウスポインターでドラッグすると、予定の入力ボックスが表示される。詳細に入力したいときには「予定を編集」をクリックする
図2 カレンダー上で予定を入れたい時間帯をマウスポインターでドラッグすると、予定の入力ボックスが表示される。詳細に入力したいときには「予定を編集」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図3 予定の編集画面で特に利用したいのは、繰り返し予定のチェック欄と、カレンダー上に表示される予定の色だ
図3 予定の編集画面で特に利用したいのは、繰り返し予定のチェック欄と、カレンダー上に表示される予定の色だ
[画像のクリックで拡大表示]

図4 繰り返し予定のチェックボックスをオンにすると、どのように繰り返すか設定する画面が現れる。繰り返す間隔や曜日などを選んで「完了」
図4 繰り返し予定のチェックボックスをオンにすると、どのように繰り返すか設定する画面が現れる。繰り返す間隔や曜日などを選んで「完了」
[画像のクリックで拡大表示]