PR

 iPhoneを手に入れたら、いつでも・どこでもインターネットを利用していきたい。ニュースや天気予報をはじめとするちょっとした調べ事から、専門的な情報も電車の中で見られるからうれしい。また、外出先でおいしいレストランを探したり、買い物をしたりする際には最安値情報のチェックも可能。使い方次第で、生活が便利でお得になるのだ。ここでは、標準ブラウザーの「Safari」の使いこなしをはじめ、便利なアプリを4本紹介する。どれも無料なので、インストールして使い比べてみよう。

iPhoneに最初から入っている標準ブラウザーが「Safari」だ。本コーナーではリーディングリストなど応用的な使い方も紹介する。
iPhoneに最初から入っている標準ブラウザーが「Safari」だ。本コーナーではリーディングリストなど応用的な使い方も紹介する。
[画像のクリックで拡大表示]

気になるページを見やすく拡大/縮小する

iPhoneの画面はパソコンなどに比べると小さいので、Webページを詳しく見たいなら、拡大/縮小の操作がポイントとなる。方法は簡単で、つまむように2本指を画面上で動かせばよい(ピンチ操作)。開けば拡大、つまめば縮小になる。
iPhoneの画面はパソコンなどに比べると小さいので、Webページを詳しく見たいなら、拡大/縮小の操作がポイントとなる。方法は簡単で、つまむように2本指を画面上で動かせばよい(ピンチ操作)。開けば拡大、つまめば縮小になる。
[画像のクリックで拡大表示]

テキストをちょうどよいサイズで読みたいときには、該当部分をダブルタップ(素早く2度タップ)。横幅が画面にフィットするはずだ。
テキストをちょうどよいサイズで読みたいときには、該当部分をダブルタップ(素早く2度タップ)。横幅が画面にフィットするはずだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料