PR

 「Dropbox」は同名のオンラインストレージサービスがiPhoneで利用できるアプリで、標準で2GBの容量が用意されている。WindowsやMac向けにも無料のソフトウエアがあり、特別な作業をすることなく、パソコンにあるものと同じファイルへ、iPhoneからアクセスできるのがうれしい。

 ファイルの編集はできないが、写真や動画のアップロードはiPhoneからでも自在。ネット経由でOfficeファイルやPDFをプレビューでき、☆を付けたものはオフラインでも見られるようになる。

Dropbox
仕事効率化
無料

「Dropbox」アプリを起動すると、パソコンと同様のファイル、フォルダーが表示される。
「Dropbox」アプリを起動すると、パソコンと同様のファイル、フォルダーが表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

他アプリとの連携もカンタン

タップしてファイルを開く
Dropboxのファイルをタップすると、すぐに中身を閲覧できる。画面下部の☆をタップしておくと、オフラインでも閲覧できる。
Dropboxのファイルをタップすると、すぐに中身を閲覧できる。画面下部の☆をタップしておくと、オフラインでも閲覧できる。
[画像のクリックで拡大表示]

メールやEvernoteなどとも連携
Dropboxは他アプリとの連携が優れている。メールの添付ファイルを長押しして「Dropboxで開く」を選択するとファイルを保存できる。
Dropboxは他アプリとの連携が優れている。メールの添付ファイルを長押しして「Dropboxで開く」を選択するとファイルを保存できる。
[画像のクリックで拡大表示]

友達紹介など容量アップのワザ

 Dropboxが無料で使えるのは通常2GB。iPhoneアプリで写真・動画の自動アップロード機能を利用すると、専用に3GBが追加される。さらに、新規ユーザーを招待し、その人がサービスへ登録すると、1人500MBずつ、最大16GBまで増量できる。招待されたユーザーにも500MBが加わるので、喜ばれるだろう。

出典:今日から使えるiPhone 5

記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。