PR

 パソコンや他のiOSデバイスから、紛失したiPhoneの現在地を調べられる画期的なアプリ。無くしたiPhoneに自宅の連絡先を表示したり、通知音を鳴らせたりするので、見つかる確率が高まるだろう。見られたくないデータが入っている場合は、遠隔操作でコンテンツと設定を消去することも可能。ただし、初期状態ではインストールされていないため、事前のセットが必要だ。アプリをダウンロードし、iCloudの設定で「iPhoneを探す」をオンにするだけなので、購入したらすぐに済ませよう。


iPhoneを探す
ユーティリティ
無料

サインインすると、iPhoneの現在地がマップに表示された。ただし、電源が入っていなかったり、ネットワークに接続していない場合は利用できない。
サインインすると、iPhoneの現在地がマップに表示された。ただし、電源が入っていなかったり、ネットワークに接続していない場合は利用できない。
[画像のクリックで拡大表示]

遠隔操作で本体をロックすれば情報が漏れない

本体にパスコードロックをかける
失くしたiPhoneの現在地が分かったら、まずは「紛失モード」をオンに。パスコードロックをかけて情報流出を防げる。
失くしたiPhoneの現在地が分かったら、まずは「紛失モード」をオンに。パスコードロックをかけて情報流出を防げる。
[画像のクリックで拡大表示]


現在の連絡先を表示する
自宅や他の携帯電話の番号を表示できる。もし拾った人がいれば、電話をかけてもらえるかもしれない。
自宅や他の携帯電話の番号を表示できる。もし拾った人がいれば、電話をかけてもらえるかもしれない。
[画像のクリックで拡大表示]

iPhone内のデータを消去すれば安心だ
コンテンツと設定の消去にも対応している。後から復元してもすべてが元通りになるとは限らないので、最後の手段として考えよう。
コンテンツと設定の消去にも対応している。後から復元してもすべてが元通りになるとは限らないので、最後の手段として考えよう。
[画像のクリックで拡大表示]

出典:今日から使えるiPhone 5

記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。