PR

[画像のクリックで拡大表示]

 iPadは、電子書籍や雑誌、コミックを読むためのアプリやストアが充実している。毎月数百円で雑誌が読み放題になったり、著名な作品の文庫を無料で読めたりするなど、ラインアップは豊富。仕事や学習に役立つ図鑑や辞書など、実用的なコンテンツもある。何十冊もの書籍をわずか数百グラムのiPadで持ち運べるので、空いた時間を有効に活用できるのはうれしい。ここでは乱立する電子書籍サービスを比較する。自分に合ったサービスはどれか検討する際の参考にしてほしい。

「ビューン」は30日間450円で新聞や雑誌などが読めるアプリ。ダウンロードして起動した直後から24時間は、無料で使用できる。
「ビューン」は30日間450円で新聞や雑誌などが読めるアプリ。ダウンロードして起動した直後から24時間は、無料で使用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

著作権がなくなった文学作品を集めた「青空文庫」の電子書籍が読める「i文庫HD」。太宰治や芥川龍之介、夏目漱石など著名作家の代表作を収録している。
著作権がなくなった文学作品を集めた「青空文庫」の電子書籍が読める「i文庫HD」。太宰治や芥川龍之介、夏目漱石など著名作家の代表作を収録している。
[画像のクリックで拡大表示]

電子書籍サービスを比較――好みに合わせて選べる

[画像のクリックで拡大表示]