PR

 家族が遠くに離れて暮らしていたり、親戚に小さな子どもがいる場合に、顔を見て話せるビデオ通話は声だけよりも気持ちが伝わりやすい。「FaceTime」は、一度設定すれば、いつでも簡単に顔を見て通話ができる機能だ。

 携帯電話でもビデオ通話が可能だが、通話料金が高いために長時間は使いにくかった。FaceTimeは定額のデータ通信料金内で利用できるので、長時間話しても心配ない。相手はiPadだけでなく、iPhoneやiPod touch、Macなどでもいい。Windowsパソコンの場合には、後述の「Skype」を利用しよう。

[画像のクリックで拡大表示]

設定画面の「FaceTime」をタッチしてApple IDでサインインする。iCloudのメールアドレス以外も追加できる。
設定画面の「FaceTime」をタッチしてApple IDでサインインする。iCloudのメールアドレス以外も追加できる。
[画像のクリックで拡大表示]

FaceTimeアプリを起動して、右側の一覧から相手先を探してタッチすれば相手を呼び出せる。
FaceTimeアプリを起動して、右側の一覧から相手先を探してタッチすれば相手を呼び出せる。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料