PR

 運動会や旅行など、デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮影した動画を、ずっと残しておきたい、あるいは田舎の両親などほかの人に見せたいことがある。こんなときには、動画をパソコンに取り込んで、DVD-RやBD-Rなどの光ディスクに書き込んで保存するのがお勧めだ(図1)。

図1 デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮影した思い出の動画。これをDVDやブルーレイディスク(BD)に書き込めば、長期保存したり、ほかの人に渡してプレーヤーで再生するといったことが可能になる
図1 デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮影した思い出の動画。これをDVDやブルーレイディスク(BD)に書き込めば、長期保存したり、ほかの人に渡してプレーヤーで再生するといったことが可能になる
[画像のクリックで拡大表示]

 機械的な故障の可能性があるハードディスクと異なり、DVDやBDは長期保存に向いている。またDVDやBDなら、市販のプレーヤーやレコーダーで再生できるので、ほかの人に見せるのも簡単だ。

 ただし、パソコン以外の機器でも再生可能なディスクを作成するには、いくつか注意したい点がある。

プレーヤーで見るには特殊な形式で書き込む

 まず覚えておきたいのは、パソコンに取り込んだ動画ファイルを、例えばWindowsの書き込み機能を使ってディスクに保管しても、プレーヤーやレコーダーでは再生できない点。この場合はパソコン用の「データディスク」となってしまうためだ。

 プレーヤーやレコーダーで再生するには、「DVDビデオ」「BDMV」といった専用形式で書き込む必要がある(図2)。それには、これらの形式に対応したソフトを使う。なお一部のプレーヤーやレコーダーでは、データディスク内の動画ファイルを再生できるものもあるが、見せたい相手がどんな機器を持っているのかわからない場合は、DVDビデオなど、AV機器に適した形式で渡したほうが安全だ。

プレーヤーで再生するには専用の形式で記録
図2 動画ファイルを単にそのまま書き込んだデータディスクでは、DVD/BDプレーヤーで再生できないことが多い。プレーヤーで再生可能にするには、専用の形式で書き込む必要がある。形式は複数あるが、上の3つが代表例だ
図2 動画ファイルを単にそのまま書き込んだデータディスクでは、DVD/BDプレーヤーで再生できないことが多い。プレーヤーで再生可能にするには、専用の形式で書き込む必要がある。形式は複数あるが、上の3つが代表例だ
[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つ、画質についても注意が必要だ。最近のデジタルカメラなどでは、高画質(HD)の動画を撮影できるようになっている。ところが、DVDビデオは標準画質(SD)でしか保存できないので、せっかくの高画質を生かせない。HD動画で保存したいならBDを選ぶ必要がある。

 ちなみに、DVDにHD動画を保存できる「AVCHD」という形式もある。この形式のディスクは、対応するプレーヤーやレコーダーでしか再生できない。最近のレコーダーでは、AVCHDに対応している機種が多い。

 なお先ほどのSDやHDというのは、動画の1コマの解像度のことを指す。デジカメなどで動画を撮影する際には、SDやHDといった解像度を含め、複数の画質から選択するのが一般的。その意味を知っておくとよいだろう(図3)。

動画の画質についての基本を理解する
図3 動画の画質は、「1080p(約28Mbps)」といった形で表現することが多い。それぞれの数値の意味を知っておこう
図3 動画の画質は、「1080p(約28Mbps)」といった形で表現することが多い。それぞれの数値の意味を知っておこう
[画像のクリックで拡大表示]

 また撮影した動画をパソコンに取り込んだ場合、圧縮形式や拡張子などが複数あるので、これも頭に入れておこう(図4、図5)。

動画の圧縮形式や音声の形式を理解する

図4 動画は生のデータでは非常に容量が大きいので、圧縮して保存するのが一般的。その圧縮形式を知っておきたい。動画中で利用される音声にも、いくつかの形式がある
図4 動画は生のデータでは非常に容量が大きいので、圧縮して保存するのが一般的。その圧縮形式を知っておきたい。動画中で利用される音声にも、いくつかの形式がある
[画像のクリックで拡大表示]

動画ファイルにも複数の種類がある

図5 動画ファイルには、拡張子が異なる複数の形式があり、ソフトによって再生可能/不可といった対応が異なる[注1]。動画ファイルに含まれる動画や音声の形式は、1種類だけとは限らない。例えば「.m2ts」形式のファイルに含まれる動画は、MPEG-2形式の場合もMPEG-4形式の場合もある
図5 動画ファイルには、拡張子が異なる複数の形式があり、ソフトによって再生可能/不可といった対応が異なる[注1]。動画ファイルに含まれる動画や音声の形式は、1種類だけとは限らない。例えば「.m2ts」形式のファイルに含まれる動画は、MPEG-2形式の場合もMPEG-4形式の場合もある
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]ファイルの拡張子を表示するには、フォルダーを開いた画面で、Windows 7の場合は「整理」→「フォルダーと検索のオプション」を選択。開く画面の「表示」タブで「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す。Windows 8では、「表示」タブの「ファイル名拡張子」をチェックする