PR

●パスコードの設定がセキュリティ対策の基本

 ロック中の画面で「ロック解除」スライダーをスワイプするだけで、ロックを解除できてしまうのは、iPhoneやiPadなどのiOSデバイス内やクラウドなどにある膨大な個人情報にアクセスできることを考えると、あまりにも無防備だ。これには、ロックを解除する際にパスコードを入力する画面を表示して、パスコードを知らない人にはロックを解除できないようにしておくのが、セキュリティ対策の基本となる。

 パスコードを設定するには、ホーム画面の「設定」→「一般」とタップして表示された画面で「パスコードロック」をタップする。パスコードが未設定の場合は、すぐに「パスコードロック」画面が開く。すでに設定しているパスコードを変更する際は、現在のパスコードの入力を求められる。「パスコードロック」画面で「パスコードをオンにする」をタップして、設定したいパスコードを入力し、確認のための再入力を行えば設定完了だ。

ホーム画面から「設定」→「一般」とタップすると、このような画面になるので「パスコードロック」をタップしよう。
ホーム画面から「設定」→「一般」とタップすると、このような画面になるので「パスコードロック」をタップしよう。
[画像のクリックで拡大表示]

「パスコードロックをオンにする」をタップする。
「パスコードロックをオンにする」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

設定したいパスコードを入力すると、再入力画面が表示されるので同じパスコードをもう一度入力する。正しく入力するとパスコードが設定される。
設定したいパスコードを入力すると、再入力画面が表示されるので同じパスコードをもう一度入力する。正しく入力するとパスコードが設定される。
[画像のクリックで拡大表示]

パスコードが設定されると、ロック解除時にこの画面が表示され、パスコードを正しく入力しなければロックを解除できなくなる。
パスコードが設定されると、ロック解除時にこの画面が表示され、パスコードを正しく入力しなければロックを解除できなくなる。
[画像のクリックで拡大表示]

iPadにパスコードを設定する場合も、ホーム画面から「設定」→「一般」とタップし、「パスコードロック」をタップする。手順はiPhoneと同様だ。
iPadにパスコードを設定する場合も、ホーム画面から「設定」→「一般」とタップし、「パスコードロック」をタップする。手順はiPhoneと同様だ。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料