PR

●画面のカメラボタンでシャッターを切るコツ

 iOSデバイス標準の「カメラ」アプリは、起動して画面に表示されたカメラアイコンのシャッターボタンをタップすると写真を撮ることができる。これだけなのだが、実は奥が深い。画面のこのボタンは、指を離したときにシャッターが切れるのだ。

 シャッターボタンを長押しし、そっと指を離すようにしてシャッターを切ってみよう。または、指を画面から離さなくても、画面の縁に向かって指をスライドし、ボタンから指が外れた時にもシャッターが切れる。どちらかやりやすい方法を覚えておくと、写真撮影時の手ブレが少なくなる。iPad miniを縦に持ったときは、狭い縁に向かって指をスライドすることになるが、斜め上か下に指をスライドするようにするとよい。ちなみに、画面の中央に向かって、指をスライドしてもシャッターは切れない。

「カメラ」アプリの画面に表示されているシャッターボタンは、指を離すときにシャッターが切れる。そっと指を離すか、画面の縁に向かって指をスライドしてボタンから外すようにすると、手ブレを防ぐことができる。
「カメラ」アプリの画面に表示されているシャッターボタンは、指を離すときにシャッターが切れる。そっと指を離すか、画面の縁に向かって指をスライドしてボタンから外すようにすると、手ブレを防ぐことができる。
[画像のクリックで拡大表示]

iPhoneは本体を横位置で構えると、ホームボタンのある側の左右どちらかにシャッターボタンが移動する。
iPhoneは本体を横位置で構えると、ホームボタンのある側の左右どちらかにシャッターボタンが移動する。
[画像のクリックで拡大表示]

iPadの「カメラ」アプリでは、シャッターボタンは常に画面の右側に表示される。本体を両手で支えてシャッターを切りやすい位置だ。残念ながら、シャッターボタンを左に表示するような設定はない。
iPadの「カメラ」アプリでは、シャッターボタンは常に画面の右側に表示される。本体を両手で支えてシャッターを切りやすい位置だ。残念ながら、シャッターボタンを左に表示するような設定はない。
[画像のクリックで拡大表示]