PR

 XPパソコンを新品で買ったときのような、速くて軽い動作を取り戻したい──。そんな悲願をかなえる手段が、新アカウントへの移行だ。

 Windowsには「ユーザーアカウント」という機能がある。本来は、1台のパソコンを複数のユーザーで使うために、ユーザーごとに異なる環境を用意する仕組みだ。これを使って新しいアカウントを作り移行すると、パソコンの起動が大幅に速くなる。

 その秘密は、レジストリにある。長年使ったパソコンのレジストリには、さまざまな設定が書き込まれて、サイズが肥大化している。新しいアカウントを作ると、それが真っさらな状態に戻るのだ(図1)。

図1 同じパソコンでも、新しいユーザーアカウントでWindowsにログオンすると、起動時間が大幅に短縮する。新しいアカウントでは、レジストリが購入当初のような真っさらな状態になるからだ。新アカウントに従来の設定を移すことも可能
図1 同じパソコンでも、新しいユーザーアカウントでWindowsにログオンすると、起動時間が大幅に短縮する。新しいアカウントでは、レジストリが購入当初のような真っさらな状態になるからだ。新アカウントに従来の設定を移すことも可能
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいアカウントを作っただけでは、残念ながらメールソフトの設定やアドレス帳などは引き継がれない。しかし「ファイルと設定の転送ウィザード」を使うと、こうした設定もすべて新アカウントにコピーできる。