PR

●実は多機能な標準「カメラ」アプリ

 標準の「カメラ」アプリは、誰でも簡単に写真を撮ることができるシンプルなアプリなのだが、知っていると便利な機能がいろいろなところに散りばめられている。標準アプリだからといって侮れない。

 初めにiPhoneの「カメラ」アプリを見てみよう。「カメラ」アプリを起動すると、画面の上部にボタンが3つ並ぶ。左にあるのは「フラッシュ」ボタンで、本体背面のLEDフラッシュを補助光として使用する際の設定だ。「自動」「オン」「オフ」を設定することができる。中央の「オプション」は後述する。

 右側のカメラを回転させるような矢印が描かれたボタンは「イン/アウトカメラ切り替え」ボタンといい、タップするたびに、背面のiSightカメラと全面のFaceTimeカメラを切り替える。自分撮りするときは、FaceTimeカメラにすると、画面を見ながら撮影することができて都合がよい。

 また、撮影する際に画面をピンチアウトすることで、デジタルズーム機能を使うことができる。ピンチイン/アウトするか、画面に表示されたスライダを使ってズーム率を変えることができる。

 iPadにはLEDフラッシュが搭載されていないので、フラッシュの設定はないが、ピンチアウト/インによるデジタルズームは、iPhoneと同様に行うことができる。

iPhoneでは「カメラ」アプリを起動すると、画面の上部にボタンが3つ並ぶ。左から「フラッシュ」、「オプション」、「イン/アウトカメラ切り替え」だ。
iPhoneでは「カメラ」アプリを起動すると、画面の上部にボタンが3つ並ぶ。左から「フラッシュ」、「オプション」、「イン/アウトカメラ切り替え」だ。
[画像のクリックで拡大表示]

画面をピンチアウトすると、デジタルズーム機能を使ってズームインすることができる。画面下部に表示されたスライダでもズーム率をコントロール可能だ。
画面をピンチアウトすると、デジタルズーム機能を使ってズームインすることができる。画面下部に表示されたスライダでもズーム率をコントロール可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

iPadにはLEDフラッシュがないので「フラッシュ」はないが、iPhoneの「カメラ」アプリと同様にピンチアウト/インでデジタルズームを使用することができる。
iPadにはLEDフラッシュがないので「フラッシュ」はないが、iPhoneの「カメラ」アプリと同様にピンチアウト/インでデジタルズームを使用することができる。
[画像のクリックで拡大表示]