PR

●アルバム機能で大量の写真もスムーズに管理

 iPhoneの画面サイズであれば、写真を撮影するときのモニターとしてだけではなく、撮影した写真を後から見ても十分楽しめる。iPadの画面サイズなら、より見やすい。毎日持ち歩いているiOSデバイスに、お気に入りの写真を入れておき、仲良くなった人に見せたり、会話の話題に利用するという使い方もできる。ここでは、iOSデバイス内の写真を整理するときに便利なアルバム機能を見ていこう。

 アルバムは「写真」アプリで作成できる。カメラロールの写真を、アルバムに追加することで、お気に入りの写真を簡単に見つけられるようになる。アルバムに追加した写真は、カメラロールの中から移動するわけではなく、エイリアス(分身。Windowsの「ショートカット」に相当)がアルバムに追加される。アルバム内の写真を削除、またはアルバム全体を削除しても、カメラロール内の写真が削除されることはない。

「写真」アプリを起動し「アルバム」タブを表示する。画面左上の「+」をタップすると新規のアルバムを作成後、アルバムに追加する写真を選択できる。アルバムの削除や名前の変更には、画面右上の「編集」をタップしよう。
「写真」アプリを起動し「アルバム」タブを表示する。画面左上の「+」をタップすると新規のアルバムを作成後、アルバムに追加する写真を選択できる。アルバムの削除や名前の変更には、画面右上の「編集」をタップしよう。
[画像のクリックで拡大表示]

既存のアルバムに写真を追加したり、先に写真を選んでから新規にアルバムを作成するには、カメラロールの一覧表示画面で、右上の「編集」をタップする。
既存のアルバムに写真を追加したり、先に写真を選んでから新規にアルバムを作成するには、カメラロールの一覧表示画面で、右上の「編集」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

写真をタップで選択し、画面下部の「追加」をタップする。
写真をタップで選択し、画面下部の「追加」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

「既存のアルバムに追加」または「新規アルバムに追加」をタップすると、選択した写真がアルバムに追加できる。アルバムを1つも作成していない場合は、「既存のアルバムに追加」は表示されない。
「既存のアルバムに追加」または「新規アルバムに追加」をタップすると、選択した写真がアルバムに追加できる。アルバムを1つも作成していない場合は、「既存のアルバムに追加」は表示されない。
[画像のクリックで拡大表示]