必ず見つかる!メール検索のコツ

 Gmailを使うメリットの一つは、Googleでおなじみの検索機能を使えることです。ホームページを探すときと同様に、メールの件名や本文に含まれる語句をキーワードにして検索しましょう(図1)。外出先でもお目当てのメールがすぐ見つかります。

キーワードでメールを検索できる
図1 ページ上部で、メールの件名や本文に含まれるキーワードを入力し(1)、(2)をクリックすると、該当するメールが表示される(3)。さらに複数のキーワードを組み合わせれば、効率的に絞り込める(4)。
図1 ページ上部で、メールの件名や本文に含まれるキーワードを入力し(1)、(2)をクリックすると、該当するメールが表示される(3)。さらに複数のキーワードを組み合わせれば、効率的に絞り込める(4)。
[画像のクリックで拡大表示]

 該当件数が多い場合は、複数のキーワードを組み合わせるのが効果的です。それでも絞れない場合は、検索条件を追加するといいでしょう。差出人の名前や、件名や本文の一部など、より細かな条件を指定することができます(図2)。

検索条件を追加して確実に見つける
図2 キーワードを入力し(1)、(2)をクリック。該当するメールが多い場合は「検索オプションを表示」をクリックする(3)。送信者名は「From」欄に入力(4)。メールの件名や本文に含まれるキーワードを「件名」「含む」欄に適宜入力(5)。最後に(6)をクリックする。
図2 キーワードを入力し(1)、(2)をクリック。該当するメールが多い場合は「検索オプションを表示」をクリックする(3)。送信者名は「From」欄に入力(4)。メールの件名や本文に含まれるキーワードを「件名」「含む」欄に適宜入力(5)。最後に(6)をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコンだけでなく、Android端末やiPhoneといったスマホでも、もちろんキーワード検索ができます(図3、図4)。ただし、パソコンのように詳細な検索条件は指定できません。

スマホでも検索できる
図3 Android端末では、画面下の(1)をタップし、(2)の欄にキーワードを入力する。最後に(3)をタップする。
図3 Android端末では、画面下の(1)をタップし、(2)の欄にキーワードを入力する。最後に(3)をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 iPhoneでは「検索」をタップする(1)。(2)の欄にキーワードを入力し、「検索」をタップする(3)。
図4 iPhoneでは「検索」をタップする(1)。(2)の欄にキーワードを入力し、「検索」をタップする(3)。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い