PR

●声で日本語をスムーズに入力

 iOS 5.1から、iPad(第三世代)、iPhone 4S、iPod touch(第5世代)以降のiOSデバイスで、日本語による文章の音声入力ができるようになっている。このiOSのバージョンと対応機種をどこかで見たと思うあなたは、iOSマニアだ。これは日本語でSiriが利用できる条件と同じ。それだけではなくテキストの音声入力をするには、Siriを有効にしなければならない。切っても切れない関係になっている。

 音声入力できる場合は、オンスクリーンキーボードにマイクアイコンのキーが表示されている。マイクアイコンキーをタップしてiOSデバイスに向かって、入力したい文章を話し、話し終えたら再びマイクアイコンをタップする。これだけで、かなり長さの日本語を正確に漢字かな交じり文に変換してくれる。句読点やかっこなども入力できる。

 ただし、インターネットに接続していないときには、マイクアイコンキーをタップしても反応せず、音声入力できない。Siriと同様にアップルのサーバーに接続して音声認識していると思われる。

テキストの音声入力を利用するには、ホーム画面の「設定」→「一般」→「Siri」とタップして表示された画面で「Siri」をオンにしておく。
テキストの音声入力を利用するには、ホーム画面の「設定」→「一般」→「Siri」とタップして表示された画面で「Siri」をオンにしておく。
[画像のクリックで拡大表示]

オンスクリーンキーボード上にマイクアイコンキーが表示されていれば、マイクアイコンキーをタップして音声入力できる。
オンスクリーンキーボード上にマイクアイコンキーが表示されていれば、マイクアイコンキーをタップして音声入力できる。
[画像のクリックで拡大表示]

音声入力中はマイクアイコンが大きく表示され、アイコンの内部が紫に光る。入力が終わったら「完了」をタップする。
音声入力中はマイクアイコンが大きく表示され、アイコンの内部が紫に光る。入力が終わったら「完了」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

iPadでは、音声入力中、マイクアイコンが拡大してポップアップする。終了するにはマイクアイコンキーをタップする。
iPadでは、音声入力中、マイクアイコンが拡大してポップアップする。終了するにはマイクアイコンキーをタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

iOSデバイスがインターネットに接続していないときは、マイクアイコンキーがグレーアウトしてタップしても反応しない(音声入力できない)。
iOSデバイスがインターネットに接続していないときは、マイクアイコンキーがグレーアウトしてタップしても反応しない(音声入力できない)。
[画像のクリックで拡大表示]