PR

 せっかく写真を撮ったなら、プリントアウトして友人や家族にプレゼントしたり、フォトフレームに入れて飾ったりしたいもの。iPhoneの写真は大きく引き伸ばしても、十分鑑賞に堪えうる解像度だ。ワイヤレスでの印刷も、対応するプリンターがあれば実に簡単。家に用意がなくても、コンビニや写真店で気軽に出力できるサービスが提供されている。

AirPrint

カメラロールからすぐさま印刷できる「AirPrint」

 iPhoneから最も手軽に印刷する方法といえば、アップル標準機能の「AirPrint」だ。写真のみならず、メールや地図、Webページなども、共有メニューの「プリント」をタップするだけでプリントアウトできる。出力先は、iPhoneと同じWi-Fiネットワークに接続しているAirPrint対応のプリンター。キヤノンやセイコーエプソン、HPなど大手メーカーの最新機種は多くが対応しており、ドライバーなどのインストールも不要だ。用紙サイズの指定ができないといった欠点もあるが、機能がシンプルなので気軽に使える。

カメラロールで印刷したい写真を選び、共有メニューを開いた。左下の「プリント」アイコンをタップする。
カメラロールで印刷したい写真を選び、共有メニューを開いた。左下の「プリント」アイコンをタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

同じWi-Fiネットワークに接続している「Canon MG6300 series」のプリンターを認識した。部数を選択して「プリント」をタップ。
同じWi-Fiネットワークに接続している「Canon MG6300 series」のプリンターを認識した。部数を選択して「プリント」をタップ。
[画像のクリックで拡大表示]

すぐさま印刷が始まる。L判の写真用紙を忘れずにセットしておこう。
すぐさま印刷が始まる。L判の写真用紙を忘れずにセットしておこう。
[画像のクリックで拡大表示]

同じWi-Fiネットワークに接続できていないときは、プリンターが検出されない。「設定」→「Wi-Fi」からネットワーク名を確認しよう。
同じWi-Fiネットワークに接続できていないときは、プリンターが検出されない。「設定」→「Wi-Fi」からネットワーク名を確認しよう。
[画像のクリックで拡大表示]