PR

 iPhoneで撮りためた写真は、パソコンやiPadにも保存しておくと便利。万が一iPhoneを壊したり紛失したりしたときも、他の端末にデータがコピーされていれば安心だ。

 他機器と連携する際に最も手軽なのは、iCloudの「フォトストリーム」機能を利用する方法。iPhoneで撮った写真が自動的にクラウドへアップされ、WindowsパソコンやMac、iPadからもダウンロードできる。ただし、クラウドにデータが保存されるのは撮影後30日間で、1000枚を超えると古いものから削除される。

iPhoneの「写真」から、フォトストリームにアクセスしたところ。撮った写真はオンラインで自動的にクラウドに保存される。
iPhoneの「写真」から、フォトストリームにアクセスしたところ。撮った写真はオンラインで自動的にクラウドに保存される。
[画像のクリックで拡大表示]

フォトストリームを使う

 iPhoneで写真を撮ると、何もしなくてもネット経由でフォトストリームにアップされる。オフライン環境で撮影した写真も、Wi-Fiに接続すれば自動的に同期する仕組みだ。iPhoneのアルバムから写真を削除しても、フォトストリームにはしっかりバックアップされているのが心強い。「共有フォトストリーム」のフォルダーを作っておけば、他ユーザーと写真をシェアするのも簡単だ。

フォトストリームは写真を一定期間、オンラインストレージ上に保存してくれるiCloudの機能。簡単な設定で、パソコンやiPadにもデータが同期される。
フォトストリームは写真を一定期間、オンラインストレージ上に保存してくれるiCloudの機能。簡単な設定で、パソコンやiPadにもデータが同期される。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料