PR

 応用編では、練習編で覚えた操作を踏まえてステップアップを目指します。ここでは、申込書を例にして、タイトルは華やかに、レイアウトは凝ってみました。切り取れる回答用紙も付けてみましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

 タイトルには「ワードアート」を設定しました。簡単な操作で、カラフルで立体的なタイトルに仕上げられます(図1~図3)。

1.ワードアートを設定する

図1 行頭の少し左までマウスポインターを動かし、ポインターの矢印の向きが変わったらクリックして行を選択する(1)。「挿入」(2)→「ワードアート」(3)とクリック。一覧から好きなデザインをクリックして選ぶ(4)。
図1 行頭の少し左までマウスポインターを動かし、ポインターの矢印の向きが変わったらクリックして行を選択する(1)。「挿入」(2)→「ワードアート」(3)とクリック。一覧から好きなデザインをクリックして選ぶ(4)。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 タイトル行がカラフルになり、文字サイズも大きくなった。右横の「□」をドラグして横幅を広げ、ワードアートの周囲に回り込んでいた本文をワードアートの下に下げる。
図2 タイトル行がカラフルになり、文字サイズも大きくなった。右横の「□」をドラグして横幅を広げ、ワードアートの周囲に回り込んでいた本文をワードアートの下に下げる。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 ワードアートの横幅が広がった。タイトルは自動的に中央ぞろえになる。
図3 ワードアートの横幅が広がった。タイトルは自動的に中央ぞろえになる。
[画像のクリックで拡大表示]

Word 2007の場合

図A ワードアートを設定する手順はWord 2010とほぼ同じ。ただし、ワードアートの種類が少ない。
図A ワードアートを設定する手順はWord 2010とほぼ同じ。ただし、ワードアートの種類が少ない。

図B 図Aでワードアートを選ぶと、「ワードアートテキストの編集」という画面が表示される。選択した行の内容が「テキスト」欄に表示されていることを確認して「OK」をクリックする。
図B 図Aでワードアートを選ぶと、「ワードアートテキストの編集」という画面が表示される。選択した行の内容が「テキスト」欄に表示されていることを確認して「OK」をクリックする。