PR

 「Googleマップ」をはじめとする地図サービスは、最もよく使われているクラウドサービスの一つだ。それだけに「もう使い方はマスターしている」という人は多いだろうが、日々強化されている機能に気が付かないこともある。当のGoogleマップも昨年リニューアルしたが、「プレビュー」という位置付けのため新マップに移行していないユーザーが多いという。

 だが、新マップは表示や操作方法を一新して使いやすくなり、経路検索や3D表示などの機能も強化された。これを使わないのはもったいない。本特集では新Googleマップを中心に、地図サービスをパソコンとスマホの両方でフル活用する方法を紹介する(図1)。

すぐに役立つ地図サービス活用法を紹介
図1 クラウドの地図サービスは日々進歩している。新しくなった「Googleマップ」を中心に、普段の生活や仕事ですぐに役立つ地図サービスの活用法をまとめた。もちろん、スマホのマップアプリの使い方もバッチリ解説している
図1 クラウドの地図サービスは日々進歩している。新しくなった「Googleマップ」を中心に、普段の生活や仕事ですぐに役立つ地図サービスの活用法をまとめた。もちろん、スマホのマップアプリの使い方もバッチリ解説している
[画像のクリックで拡大表示]

 地図サービスの便利なところは、何と言っても経路検索。目的地までの最適な行き方を教えてくれる。地下鉄の路線を知らなくても、道に詳しくなくても、パソコンで事前に経路検索しておけば心配ない。「自宅編」では、こうした事前の検索方法をまとめた。

 目的地に向かう途中や着いてからも、地図サービスは大活躍する。スマホやタブレットでナビゲーションをしたり、今いる場所の近くにある店や施設を検索したりできる。「出先編」では、外出先でスマホの地図アプリを活用する方法を紹介する。