PR

 [注1]このパートで記載している料金はすべて税別価格です。

 基本料やパケット定額料と並行して見直したいのが、オプションサービス(以下、オプション)だ(図1)。スマホを契約した際に加入したオプションがそのままになっていることが多い。たかが月額数百円程度と思っても、年間で見るとかなり高額になってしまうこともあるので注意したい。

オプションを解約するときの判断ポイントは?
図1 オプションは個々では数百円程度でも、複数契約していれば年間1万円以上になることも。通話料割引オプションは元が取れているかどうか、情報コンテンツ系のサービスやオプションパックなどは、使っているかどうかで解約すべきか判断しよう。ただし、故障時の補償系のサービスなど再加入できないものは、安易に解約しないように慎重に判断する
図1 オプションは個々では数百円程度でも、複数契約していれば年間1万円以上になることも。通話料割引オプションは元が取れているかどうか、情報コンテンツ系のサービスやオプションパックなどは、使っているかどうかで解約すべきか判断しよう。ただし、故障時の補償系のサービスなど再加入できないものは、安易に解約しないように慎重に判断する
[画像のクリックで拡大表示]

 旧プランの通話料割引オプションは、元が取れていないなら解約しよう。実際の通話時間分の料金がオプション料金に満たない場合は損をしている。

 情報コンテンツ系のサービスは使っていないなら即解約したい。必要になったときにいつでも加入できる。故障時の補償サービスは、契約時しか加入できないものが多いので、慎重に検討する。とはいえ、2年間で1万円前後になるので、無料で補償してくれる範囲をチェックして、不要と判断したなら思い切って解約するのも手だ。

 複数のサービスがセットになったオプションパックは、自分が使っているサービスを単体で契約した場合の金額と比べてみよう(図2)。単体契約のほうが安ければ、そちらに切り替えたい。

オプションパックは単体契約と比較(使っているのが留守番電話だけの場合)
図2 オプションパックの中で留守番電話など、一部のサービスしか使っていない場合は、単体契約とパック契約の金額を比較し、少しでもパックのほうが高ければ単体契約に切り替えよう
図2 オプションパックの中で留守番電話など、一部のサービスしか使っていない場合は、単体契約とパック契約の金額を比較し、少しでもパックのほうが高ければ単体契約に切り替えよう
[画像のクリックで拡大表示]

[注2]保存件数や保存期間は有料の「留守番電話プラス」より短い。新プラン「スマ放題」では無料の「留守番電話」は利用できないため、留守番電話を利用するには「スマートフォン基本パック」または「留守番電話プラス」の申し込みが必要

 主なオプションの解約方法は図3~図32に示した。各キャリアのサポートページで手続きするほか、個別のアプリやサイトから行うものもある。

大手携帯電話会社の新料金プランに対応した料金の見直し方法から、
話題の格安SIM、無料のWi-Fiスポット、無料通話アプリの活用法まで、
通信料金を安くするノウハウをまとめてお伝えします!
【特集】知らないと損する!スマホの料金
【特集】よくわかる! 格安通話の選び方
【特集】こんなに使える! 無料Wi-Fi
■Amazonでのお求めはこちら
■日経BP書店でのお求めはこちら

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料