PR

 このパートの料金、価格は税込み価格です。
税別価格を記載する際は、別途その旨を記載しています。

 スマホの料金プランの変更や、不要なオプションの見直しはすぐに始められるものの、月に数千円もの節約を実現するのは難しい。もっと大きな節約効果を狙うなら、スマホの買い替えを検討しよう。「ナンバーポータビリティ制度(MNP)」を利用して番号を変えずにほかのキャリアのスマホを購入すれば、端末代や今後2年間の支払総額を大幅に下げられる可能性がある。2年に一度の契約更新月なら、契約解除料もかからず、MNPによる買い替えの大きなチャンスといえる。

優遇は縮小傾向でもまだMNPがお得!

 MNPによる買い替えで得するポイントは3つ(図1)。1つめは、ドコモの「月々サポート」などキャリアが行う「毎月の割引」が増額される機種があること。2つめは、ショップが店頭で何万円も本体価格を値引きする「本体の割引」。機種によっては一括0円というケースもある。最後は、ショップが端末購入者に現金や商品券などを還元する「キャッシュバック」だ。

MNPで得する3大ポイントはこれ!
図1 ナンバーポータビリティ制度(MNP)を利用して、番号を変えずに他社のスマホを購入すると、本体の大幅割引やキャッシュバック、毎月の割引がアップすることが多い。機種変更でも同様の特典はあるが、MNPだと金額が大きくなるのでお得だ
図1 ナンバーポータビリティ制度(MNP)を利用して、番号を変えずに他社のスマホを購入すると、本体の大幅割引やキャッシュバック、毎月の割引がアップすることが多い。機種変更でも同様の特典はあるが、MNPだと金額が大きくなるのでお得だ
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]毎月の割引は、購入したスマホの機種ごとに決まった金額を最大24カ月間、毎月割り引くサービスのこと。「月々サポート」や「毎月割」、「月月割」などがある

 ただし、3拍子そろうお得なスマホを見つけるのは至難の業。最近では、MNPによる契約者の獲得競争が過熱しすぎたことへの反動から、MNP優遇の状況が変わりつつある。特にドコモの場合、MNPでの本体の割引やキャッシュバックは、以前より期待できなくなってきた。それでも、MNPによる優遇は多くの機種で残されているので、それを抜け目なく探すことが大事だ。

大手携帯電話会社の新料金プランに対応した料金の見直し方法から、
話題の格安SIM、無料のWi-Fiスポット、無料通話アプリの活用法まで、
通信料金を安くするノウハウをまとめてお伝えします!
【特集】知らないと損する!スマホの料金
【特集】よくわかる! 格安通話の選び方
【特集】こんなに使える! 無料Wi-Fi
■Amazonでのお求めはこちら
■日経BP書店でのお求めはこちら